相変わらず多い、満足できない宣材写真撮影・・・

うちに来るお客さんと言うのは、他のスタジオで撮影した写真に満足していない人がものすごく多いです。

話しを聞くと理由は簡単で、スタジオやカメラマンと上手く意思の疎通が図れていないように思われます。
まるで証明写真のように流れ作業で撮影が進んで終わり・・・

これでは、自分が意図した宣材写真と言う作品が出来ようはずがありません。
まずは相手に自分の意思をキチンと伝えて撮影に臨むことをお勧めします。
それが出来ないようなカメラマンやスタジオであるならば、時にはカメラマンやスタジオを変える必要もあるかと思います。

我々もプロですが、言葉にしなければ伝わらないこともあるのです・・・

宣材写真

ちゃんと自分と向き合った写真を撮りたいと願うなら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください