宣材写真撮影における自分らしさを考察する

宣材写真 - 自分らしさ

弊社宣材写真撮影におけるコンセプトでもある『自分らしさ』・・・
弊社はなぜこの『自分らしさ』を宣材写真撮影のコンセプトに据えたのか・・・

理由は二つ
一、みんなに頼まれたから・・・
今の場所にスタジオを構えた際に、当初は事務所兼物置や物撮り用スタジオに考えていたのが、『いつもスタジオで宣材写真撮ってもらうんだけど、なかなか良い写真が撮れなくて・・・』と言う依頼がキッカケで宣材写真の撮影がスタートしました。

当初は大半が紹介・縁故で、知り合いや知り合いの知り合いなど気心の知れた人たちが多かったというのもあり、色々言いたいことや提案などをお互いに出し合いながら撮影をしていた・・・それが功を奏して良い宣材写真がたくさん出来、今の撮影の流れにつながっていったのです。

一、『自分らしさ』をコンセプトにしたスタジオがなかった・・・
スタジオオープン当時、『自分らしさ』をうたい文句にしているスタジオが全くと言っていいほどなく、主流は『綺麗・かわいい・格好良い』で、あくまでオーディション合格を目的にしたうたい文句のスタジオばかりでした。

そもそも、オーディションに合格するかどうかなんて、審査する人間にしかわからないもんで、スタジオやカメラマンなんかがわかるわけないんですよ・・・笑
実績だ経験だって言ったって所詮は結果論でしょ?
それをしたから合格したわけではなく、必要とされている人間がたまたまそのスタジオで撮影しただけでしょ?

そんな合格できるかどうかは本人の問題であってカメラマンの腕ではない。
が、それを大っぴらに公言するわけにはいかない・・・(いや、結局言っちゃってるんだけど・・・笑)
だから、カメラマンである私が確実に出来ること、間違いなく出来る事をコンセプトにしようと思案した結果・・・
そういえば『自分らしさ』って誰も大々的に謡ってないな・・・と言う事で、弊社のキャッチにしたのです。

『自分らしさ』っていうのは、良くも悪くも自分らしさだからさ・・・
そこに写っているのが自分である以上、本人が気に入ろうが気に入るまいが自分だからね・・・


宣材写真 - 自分らしさ

今でこそ、どこのスタジオのホームページを見ても『自分らしさが大事』なんてみんな言ってるけどさ、私がスタジオを開業した当時はだれもそんなこと言ってなかった・・・

だいたい、うちが『自分らしさ』って言い始めたからじゃないのかな・・・
『自分らしさ』『自分らしさ』って言い始めたの・・・

そもそもさ、『自分らしさ』って何よ?って話でさ、『自分らしさ』 を謳っているスタジオは『自分らしさ』って何なのかわかってないで、ただ流行りに乗っかって『自分らしさ』って謡い始めただけのような気がするよ・・・

だって、じゃあ『自分らしさ』って何よ・・・て言われて応えられてないだろ?
ただ、文章のどこかに『自分らしさ』って入れておけば、とりあえず検索に引っかかるだろう・・・正直そんなところじゃないの?え?


宣材写真 - 自分らしさ

いつもはコンセプトである『自分らしさ』について色々書いてるんだけど、今回はちょっと別の視点から・・・普段とは全くの真逆な視点で『自分らしさ』についての考えを記事にしてみようと思う。

『自分らしさ』なんか要らない・・・
むしろこの世界で生きていくなら、そんなものは捨てなさい・・・
オーディションで合格するには、相手が望む自分になりなさい。そういうキャラクターづくりをしなさい。
そうすれば、宣材写真に『自分らしさ』なんか必要ないし、『綺麗・かわいい・格好いい』も関係ありません。
だって、相手が『ほしい』と望んでいるものなんだから・・・

皆さんの中には、その世界が一般の会社・社会と違うものと勘違いしている人もたくさんいると思いますが、実は何ら変わりないと言う事・・・
むしろ、厳しさだけは、他の世界より厳しい・・・
どの世界もそうなのですが、全てがエンターテイメントであり、全てが嘘の世界です。
みなさんは、その嘘に振り回されて魅せられているだけに過ぎないと言う事・・・
その世界で本気で生きていきたいのであれば、そうした情報に魅せられて振り回されるのではなく、自分の目で直に見てください。
夢を見るのではなく、現実の世界でシッカリ生きてください・・・


なので、ここでみなさんに考えていただきたいのは、宣材写真なんか撮るにあたって、まず先に、『その世界で、どういう立ち位置で、どう生きていきたいか?』と言う事・・・
特に初めて宣材写真を撮りに来られるような方は、正直それがハッキリ見えない方が多く見受けられます。
無理もありません、今までそういうことを教えてくれる方が周りにいなかったのでしょう・・・
なので、いい機会なので、初めて宣材写真を撮る人が弊社に訪れるのであれば、ぜひそこを考えてきてもらいたい・・・
それをしないと、『自分らしさ』『相手が望むもの』そのどちらも撮ることがかなわないのではないかと思います。


まっ!もっとも?私くらいになっちゃうと、そんな相手の意思にかかわらず、どっちも撮れてしまうんですがね・・・笑
あれっ?
いままで利用してくれたみなさん・・・なんか間違ってる?

最後にいつも言う事ですが、私には私の、みなさんにはみなさんの考え方があります。この話を読み、どう考え行動するかはみなさん次第です。

宣材写真 - 自分らしさ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください