取引先各位

撮影スタジオ
撮影スタジオ

取引先各位

スタジオ閉店に伴い、様々な憶測があるようで、閉店したタイミングも悪かったこともあり

『どうやらコロナウィルスの件で潰れたんではないか?自分たちが働いた分の支払いは大丈夫か?』

などの心配の声がありましたので色々と順序だててお話しておきます。


閉店の経緯について

実際、5月中に建物取り壊しが決まっているという割には、居酒屋や福太郎などはいまだに何の告知もせず営業しているらしいですしね・・・
ただ、全てのビル入居者には今年5月に取り壊しが決まったので退去してほしい旨の案内は間に入っている仲介業者から通知済みで、それに向けての話し合いは個々に進められていると思います。
上記の画像を見てもらうとわかりますが、昨年の7月には取り壊しのため5月までには退去してほしいとの通知が来ていました。
(実際は、非常事態宣言の影響で施工業者が来られないとかで5月中の取り壊しは難しいと言われているそうです・・・)

弊社も当初は、行く当てもないので5月ギリギリまでいるつもりだったんですが、ちょうどいい物件が見つかり、4/1からそちらに移転予定だったのですが、コロナウィルスの一件で状況が怪しくなり、結局3/31でコーヨービルは退去はするけど4/1からの新しい場所への入居は見合わせることにしたのです。

新しい入居予定先は、立地も内容(元々は店舗だったので・・・)も申し分なかったのですが、元々倉庫代わりになればいいやと考えていたコーヨービルと違い、新たな入居先は家賃が何倍もするので、入居後、即お客さんが入らないと困るなぁ・・・なんて考えたら、『緊急事態宣言がいつ出るかわからない』状況では、ちょっと難しいな・・・と言う事で、移転をあきらめたのです。


取引先への支払いについて

とはいえ、拠点がなくなってしまい支払いについての懸念は払しょくしきれないというところではあるでしょう・・・また、収入の目途が全く立たなくなってしまったフリーランスの方も弊社では多く在籍しています。

そこで、すでに5/10の時点で未払いが残っている全ての取引先にはメールや電話で通知していますが、4/30までに送っていただいている全ての請求書に対して、5月末日を目途に全額お支払いいたします。(※一部、6/10入金予定分は会計の都合上、6/10となります)


貸付金の実施

フリーランスの方が、今の時期、全く仕事がないとなると、収入が途絶えてしまい生活が困窮してしまうのが、7月8月ごろでしょうか・・・
そこで弊社では、過去に取引(お仕事をしてもらったこと)があることを前提に、最大20万円までの無利子・無担保での貸付を実施します。
返済開始も翌年からでも大丈夫です。貸付実施は6月末日となります。

貸付対象は、モデル・ライター・編集・アシスタント・ヘアーメイクなどの個人の方が対象です。

※貸付には弊社にて社内審査があります。これまでの取引実績を元にさせていただきます。
また、令和2年度までの確定申告書など公的書類の用意が出来る方はご用意を・・・そうした書類が用意できない方は、取引に使っている銀行口座の通帳や請求書・領収書控えなど出来る限りご用意を・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください