自分らしい宣材写真がほしくてスタジオを選ぶ・探す人は・・・

実はほとんどいない・・・笑

宣材写真

うん、スタジオや関係者の人にはとても残念なお話なんだけど・・・
『自分らしさ』がほしくて宣材写真の撮影スタジオを探したり選ぶ人はほとんどいない・・・
だって、結果にちゃんとそうでてるもの・・・
google search console でどんなキーワードで検索をして、うちのホームページにたどり着いたか、過去一年間にさかのぼって調べたけど、アクセスどころか、そんなキーワードで検索された痕跡すらない・・・笑(過去1年間で検索は7件アクセスは0件)

これだけ『宣材写真は自分らしさが大事ですよ♪』と繰り返し力説していて、検索結果でもそれなりの表示順位で表れているのに・・・
全くなし・・・0・・・

実際、うちのスタジオに訪れる人がどんなキーワードで検索してくるのかと言うと、『料金』『安い』『値段』『価格』・・・とにかくお金にまつわるキーワードばかり・・・
まあ実際、本当に安いから当たり前なんだけど・・・
撮影に来た本人に聞いても、料金や地域や利便性で探したって言ってるもの・・・

でも、こうしたお金にまつわるキーワードで、最初こそアクセスしてみたものの、コンテンツを読むうちに色々考えるかな・・・なんて思ってたけど・・・甘かったわ・・・笑
そもそもお金にまつわるキーワードで引き寄せられた連中は、どこまで行ってもお金のことしか頭になく、他のコンテンツを読んで宣材写真撮影について色々考えてみようなんて連中・・・まあ、なかなか、いないいない・・・(全くいないわけではないだろうけど・・・苦笑)
で、うちにきて撮影をして初めて思い知らされるというね・・・♪

服装・メイク・髪型・ポーズやポージング・・・こういったものを含めて自分で色々考えることも『自分らしさ』なんだけどね・・・
でも、色々考える意味が違うよね?
みんなは、『自分らしさのため』ではなく、『 オーディションに合格したいから・・・ 』そういうことを考えるんでしょ?
うん・・・まあ、その考え方や行動にもある意味自分らしさが表れているんだけども・・・笑

だからね・・・本当に『自分らしさ』を求めて、宣材写真を撮影に来る客なんてなかなかいないよ?
googleでの上位表示のために、苦し紛れのコンテンツ作りに『自分らしさ』なんて書いたってアクセス数ふえねえよ?上位表示しねえよ?客・・・増えねえよ?

『じゃあ何でお前は”自分らしさ”なんてことを謳うんだ?』って?

それがうちのポリシーだからだよ


こんな話を、以前他のスタジオの経営者と話をしたら

他のスタジオ:「そんなの知ってるし、当たり前だよ・・・」って言われた・・・

他のスタジオ: 「自分だってわかってるじゃねえか、『自分らしい写真が欲しいんじゃなくてオーディションに受かるような写真が欲しい』って・・・だから、こっちとしては撮る相手が何者であろうと、ただただ写真のクォリティにだけ、こだわればいいだけなんだよ・・・」

自分:「でも、それじゃ、相手は『クォリティの高い写真』として認めてくれねえよ?現実の自分がどうであるかにかかわらず、自分がかわいく見えていてこそ、自分が綺麗に見えていてこそ、『それこそがクォリティの高い写真』だと思ってるからね?」

自分:「いくらカメラマンやスタジオが『クォリティの高い写真撮ります』って言ったところで、相手が認めないクォリティの高い写真は、そりゃクォリティの高い写真とは言えねえよ?」

他のスタジオ:「なるほど・・・だからクォリティの高さを『綺麗・可愛い・カッコイイ』じゃなく『自分らしさ』にしたのか・・・笑」

自分:「まぁそれも一理あるんだけどね・・・だいたい、綺麗・可愛い・格好良いなんてのは人によって判断基準が全然違うわけで、そもそもじゃあ写真のクォリティの高さって何よ・・・って話じゃん・・・それこそ、趣旨によってクォリティそのものの基準がずれてきちゃうわけじゃん・・・だったら、うちは相手が納得するまで自分らしさというものと向き合ってもらった方が良いかな?と思っただけ・・・」

他のスタジオ:「なるほどな・・・それいいな・・・うちも今度からそうしよ♪」

自分:「いや・・・たぶん、そういう事じゃないと思うぞ?」

まあ、何が言いたいのかと言うと、最近ホント宣材写真を撮るコンセプトとして『自分らしさ』を謳うカメラマンやスタジオが増えてきたけど、本当の意味でそれを考えて撮ってくれるスタジオやカメラマンがどれだけいるかと言う事・・・
本当に『想いを伝える』写真を撮ろうとしているのがどれだけいるか・・・と言う事・・・
『お前こそちゃんと考えてるのか??』って?
考えてる考えてる・・・ただいちいちそんなこと、その場その場で言わないだけ・・・
言わなくてもうちに宣材写真撮りに来た娘にはわかってるから・・・
だってちゃんと結果で出してるじゃん・・・

なかなかね・・・言葉じゃ伝わらないことも多いんですよ・・・


それでも宣材写真に『自分らしさ』を求めるならメディアサービスへ

学割期間中のご来店誠にありがとうございました♪

ありがとう

期間中、どうせお盆休みで来ないだろ。。。と思って始めてみたサービスだったんですが、思いの他たくさんのお子さんがおみえになって、ドタバタしながらの5日間でした。中・高校生くらいになると、やれ部活だの、アルバイトだの、塾だのと、もう親とは別行動だろうから多少は見込みあるかな・・・なんて思ってたんですけど、まるで保育所のようでした・・( ^ω^)・・・
まあ、和気あいあいとやってましたよ・・・笑

宣材写真

今回は、こういった宣材写真が必要な、子供たちを応援するお父さんお母さんを、応援する・・・と言う目的で始めた学割だったんですが、中にはシッカリ自分でアルバイトしたお金で撮影に来る高校生もいたり、親にはあまり迷惑かけたくないからと、うちを選んできたりと・・・あと割とご近所さんが多かったかな・・・

宣材写真

高校生・中学生を色んな話ができたのも良かったかな・・・
『ああ、今若者の間ではこんなことが流行ってるんだ・・・』とかね♪
ホント、こちらの色々と勉強になった5日間でした♪
また気が向いたら、いつかこういうのやりたいと思います。

宣材写真

宣材写真モニター撮影応募に際して・・・

宣材写真撮影モニター募集

昨今、闇営業問題に端を発したコンプライアンス問題やタレントと事務所間の契約内容等々の問題もありまして、契約関係は事の他、厳格に処理させていただいています。
書類に不備があってはならず『書類にサインできない』とか『顔写真付き身分証明書のコピーが提出できない』と言う事はあってはならないことです。

宣材写真モニター撮影

撮影に入る前に必ず肖像権使用承諾書を渡し、単に書類に署名を求めて終わりではありません。
口頭で書類を読み上げて、出来るだけ丁寧に説明し、理解を求めながら進めています。
そこで嫌なら辞退してもらうのもありです。
弊社スタジオでは過去にモニター撮影で2人、書類を読み上げた後に、辞退して帰った方がおります。
一人は、モニターとしてネット上に顔をさらすのが嫌だ・・・
もう一人は、『身分証明書を持ってきていない』と言う方でした。

宣材写真モニター撮影

私普段撮影の仕事で色んな現場行きますが、こんなことをやるのは自分の所で撮影するモニター撮影や作品撮りくらいです。
あと、自社から人を出すとき・・・・
仕事で撮影するときは、何か問題あればクライアントや所属している事務所が責任を取りますから気楽なもんです。
私いちいちそんなこと考えません。
その代わり、自社から人を出すときは、厳重に管理した人しか出さないようにしています。
キチンと業界の所作を教えて、『大丈夫だな?』と思ったらGOサインを出します。
じゃないと、怖くて・・・笑

たかがモニター撮影・・・されどモニター撮影・・・
見るべきものってすごくたくさんあるんですよ・・・

宣材写真

それでもモニター撮影を希望するなら・・・

夏休みに入り、お子様の撮影が増えています♪

特に土日は中・高校生を中心に小学生以下のキッズの撮影もあったりと朝から大変賑やかだったりします。
こうしたお子さん達を撮影する際にいつもお願いすることですが、付き添いのお父さんお母さんは、あまり口を出さずに、まずは本人のやりたいようにやらせてみてください。

宣材写真

特に小さいお子さんは、『〇〇ちゃん、ちゃんとやって?』『はい、笑って?』と言われると、それをやらなきゃいけないと反って委縮してしまうものです。
宣材写真なんて、ちゃんとやらなくて大丈夫です。やらないくらいで充分です。
『笑って?』と言うのであれば言葉ではなく、お子さんが笑ってくれる何かを提供してあげてください。
その場で一緒に遊んであげたり、お話をしてあげたり聞いてあげたりでも構いませんし、お子さんが普段お気に入りのおもちゃや絵本などを持ち込んでもらっても構いません。
時間は充分あります。急がないでください。

宣材写真

中・高生のお子さんの場合でも同じです。
特に年ごろなので、見られているとやりずらいとか恥ずかしいうと言うのもありますので、あまり口を出さずに、まずは本人のやりたいようにやらせてあげてください。
聞かれたことにはアドバイスは必要ですが、決めつけるのではなく、出来るだけ本人に考えさせて意思決定をさせるのです。それが自分らしさにつながります。

宣材写真

そして、これはすべてに共通することですが、必ず褒めてあげることを忘れないでください。前出の話とは食い違って見えてしまうかもしれませんが、コミュニケーションをとることは撮影をする上でとても大事なことです。
それでは、良い作品が出来るのを願って・・・♪

宣材写真

宣材写真撮影のご予約は・・・

モニター紹介

宣材写真

今年の5月ごろモニター募集出来てもらって、そのまま作品撮りなどに協力してもらっています♪
いまもまだ勉強中ではあるらしいんだけど、定期的に通ってもらっています。

宣材写真

同時に役者の卵でもあります。

宣材写真

彼女を撮っていていつも思うことは、『お笑いやればいいのに・・・』です。

宣材写真

あと体幹が鍛えられているので、姿勢がすごく良いです。
こういう人は、ベースが出来ているので、あまりこちらから指示やアドバイスをすることは多くはありません。

宣材写真

とは言え、人間の目に見えるものと、カメラがとらえるものは必ずしも同じではありません。なので、彼女にはカメラがとらえるとどう見えるのかを見せてあげるのが私の役回りです。

宣材写真

でも、実はこれずっと見てると、自分の足がつりそうなのと、腹筋が痛くなってきます。笑

宣材写真

なんか一通り終わると、こっちもくたくたになっているときがあります。
うわっ!こんなの絶対無理・・・

宣材写真

うぎょ!
そんな、かかとなんか上げちゃいかんって!

宣材写真

彼女は毎回来るたびに、こんなことを2時間くらいやって、けろっとした顔して帰っていきます。
こちらは見てるだけなのにクタクタです。

でも彼女を見ているとなぜか飽きずにいつまでもシャッターを切り続けられるんだから不思議なもんです・・・
さて、次回はどんなものを魅せてくれるのか楽しみです♪

簡単のことなど何一つない・・・

宣材写真

みなさんは、この写真を見てどう思いますか?
綺麗に立てていると思いますか?
でもこの撮影、ものすごく時間がかかって大変だったんですよ?

と言うのも、人間は普段こんな立ち方しません。
これは、写真で魅せる美しい立ち姿勢を演出したのです。

ですので、こういう立ち方に慣れていない人には、こういう立ち方が理解できないのです。
そして、いくら言葉で説明しても、自分の理解を超えることに対しては経験しないと理解ができないのです。

それと、このページや他の記事を読んでいる方には大変残念ですが、ただ弊社スタジオのブログを読んでそれを実践してみただけでは、こういう写真にはならないと言う事・・・
なぜなら、これらの記事には掲載されていない事や、弊社で写真を撮った人にしかわからない、それぞれの経験による体感がこういう作品を作るからなのです。

つまり他の人がこれと同じような写真を撮ろうと思ったら、こちらの演出の付け方やアドバイスもその一人一人に合わせ、やり方が違ってくると言う事・・・

みんなの立ち姿勢・・・ホントにそれで良い?


宣材写真撮るならメディアサービス

これも宣材写真♪

宣材写真

先日モニター撮影で協力してくれたモデルの写真です。
こういう表情や一面もあるというのをアピールするのには良いと思う。

今は、オーディションに合格することだけが、芸能界デビューやお仕事獲得のキッカケではないので、普段から色んなアンテナ張って、色んな所に色んな自分をドンドン露出させていくことで、目的を達成させていくべきだと思う・・・

宣材写真の撮影モニターとは?

本日はモニター撮影ありがとうございました♪

本日は久々にモニターに協力いただいた方の撮影を行いました。

彼女はいかにしてこうなったのか・・・

宣材写真

まあ、極論言っちゃうと、本人のやる気なんですよ・・・♪
もう、これに尽きてしまうのです・・・
彼女と話をしながら撮影していましたが、彼女の話を聞いていると、探求心とか好奇心とか、一見どうでもいいような細かいところに心を揺さぶられるような人間じゃないと、この世界なかなか難しいんだよね・・・

この続きはまたいずれ・・・♪

やっぱすげえスタイル良いな・・・ポールダンサー♪

昨日、外での撮影が終わってスタジオに荷物を置いて『さあ帰ろう!』ってスタジオ出ようと思ったら電話が鳴ったんすよ・・・
時間も19時回ってたし面倒臭えなあ・・・なんて思ったんだけど、何となく取っちゃったんだよね・・・笑

そしたら、これから宣材写真撮ってほしいと・・・30分で行くと・・・で、来たのが彼女と・・・

宣材写真

すばらしい? ダンサーはやっぱ格好いいな・・・立ってるだけで絵になるもんな・・・

残念ながら顔出しはNGと言われたので・・・