今後の宣材写真撮影の活動につきまして

撮影スタジオ
撮影スタジオ

今後の宣材写真撮影の活動につきまして

スタジオ撤退からやっと落ち着きましたので、今後の宣材写真撮影の活動を再開したいと思います。
今後は自社スタジオではないため、作品撮りなどで公共施設を利用したついでに、空いた時間を使って宣材写真撮影を承りたいと思います。
撮影する場所は主に江東区内の公共施設が中心となり、その都度場所が変わります。
撮影日時もほぼ土日・祝日が中心になると思います。

またこれに伴い、公共施設の利用は基本的に営利目的での利用が出来ません。あくまで撮影参加費として徴収させていただくことになり、1人あたり金額は2000円(税込)とさせていただきます。

原則としては、作品撮りしたついでです。
皆さん一人一人のために宣材写真の撮影は行いません。
場所や車の手配、機材の搬入出で時間もお金もかかります。正直1人2000円じゃ大赤字です・・・笑
でも公共施設の利用なので仕方ありません・・・
ましてやドタキャンバックレ・・・とても無理無理・・・笑
なので全てこちらの都合・ルールに従える方のみでお願いします。

宣材写真

ちなみにこれらの写真は数年前、まだ自社スタジオを持っていなかったときに、公共施設を利用した作品です。

昔から撮影している連中は知ってるけど、自社スタジオがなかった頃は、ぎりぎりのスペースがあればいいって言ってカラオケボックスとかを上手に使って撮影してたりしたもんなんだよ・・・笑

うちに宣材写真を撮りに来てオーディション用写真だけでは勿体ない

宣材写真撮ります♪

うちに宣材写真を撮りに来てオーディション用写真だけでは勿体ない

なので、いつもスタジオに来た人には、こんな言い方をします。

オーディション向けのカチッとしたものも撮りますが、あとは好きにしてください♥️
と・・・

オーディション用写真と言うのは、決まったフォーマットがあって、そのフォーマットに沿った写真を撮るのが基本ですが、弊社の宣材写真撮影は、基本プランの範囲内であれば、オーディション用写真を撮影して終わり・・・ではありません。
一度の撮影でオーディション用写真の撮影以外にも、様々な撮影を行っています。

オーディション用の撮影をしに来た人は100枚程度しか撮らずに帰ってしまう方もいますが、本当にもったいないです・・・遠慮しないでもっとドンドン撮って帰った方が良いですよ?どうせ料金一緒なんだから・・・笑

実は昨日、宣材写真の撮影を一件お断りしてみました

宣材写真

実は昨日、宣材写真の撮影を一件お断りしてみました

と言うのも、撮影に来た目的が『読者モデルのオーディション』とのことでした。
私一瞬耳を疑い、『えっ!?読者モデルって今オーディションなんてあるの?』と言ってしまいました・・・笑

もちろん、読者モデルのエントリーにスタジオで宣材写真を撮影する・・・すごく良いことだと思います。
ただ私は今まで、目的が読者モデルのエントリーのために宣材写真を撮りに来た人と言うのを見たことがなかったので、ちょっと驚いてしまい、色々お話を聞き、色々お話をさせていただいた上で、今回は本人の意思により撮影をお断りさせていただきました。

まあ、こういうものにエントリーすること自体が初めてだったと言う事で、エントリー用の写真をどうやって用意すれば良いかもわからなかったらしく、弊社へ訪れたようですが、『読モのエントリーなんてみんなこんな感じで自撮りだよ・・・笑』と言うことで、スマホを使った上手に撮れる方法などをいくつかアドバイスし、今回は自分で撮ってみる、上手くいかなかったらもう一度来る・・・と言う事に落ち着いたのです。

ホントはね?黙ってサラっと撮っちゃっても良かったのよ・・・笑
多分ね・・・見た目は、目が印象的なちょっとおっとりした感じのかわいい女の子で、そんなに化粧も濃くないのに綺麗な肌(おそらくベースが良いんだと思う)をしていたから・・・誰が撮っても読モくらいなら簡単に呼んでもらえちゃう感じの女の子だったから・・・

でもさすがに、読モで宣材写真ねえ~・・・って、
前出の話に戻るけど、ダメじゃないの・・・それだけ真面目に力を入れていることの表れでもあるし、すごく良いことだと思う。読モのエントリーにスタジオで撮影した宣材写真が用いられるケースと言うのはあるし・・・ただ、ほとんどが本来他の目的に撮影した写真をモノのついでに読モのエントリーにも使いました・・・って感じなのよ・・・
だから全くナシではないんだけども、今回のように読モのためにっていうのはね・・・って思ったわけ・・・なので、色々話をさせてもらって一旦踏みとどまって自撮りでエントリーしてみてはどうか?と提案したわけ・・・
それでだめだったら、お金をかけて改めてスタジオで撮ればいいんじゃないかな・・・ってさ・・・

別に読者モデルをバカにしてるわけじゃないのよ・・・笑
今回は右も左もわからないと言う事で、色んな選択肢があることをアドバイスしてみただけ・・・

読者モデルのエントリーにスタジオで撮影した宣材写真を使う・・・
良いことだと思うよ? 相手にそれだけ真剣さが伝わるんじゃない?(知らんけど・・・)
ただ、連中・・・エントリーシートの扱い雑だからなぁ・・・笑
もっとも今はプライバシーとかコンプライアンスなんかの問題もあるんで、もうちょっとマシか・・・

もちろん、お客さんなんでね・・・撮ってくれと言われれば撮りますよ?
ただ、何にも知らない娘にだまし討ちみたいなことはね・・・他のカメラマンやスタジオはどうか知らないけど・・・うちはちょっとね・・・ そういうのやってないんで・・・♪

宣材写真

ヘアメイクを街中のサロンでしてもらって撮影に臨まれる方への注意

ヘアメイクを街中のサロンでしてもらって撮影に臨まれる方への注意

ヘアメイクを街中のサロンでしてもらって撮影に臨まれる方への注意

弊社の宣材写真撮影はヘアメイクがありません。
なので、スタジオに来る前にヘアーサロンでヘアーメイクをしてから来られる方もいらっしゃいます。

このときに注意してもらいたいのが、お顔のメイク・・・
以前『宣材写真-メイクアップの注意点』や『宣材写真のメイクアップ』でも言いましたが、肉眼で見るメイクと撮影用のメイクとでは違うのです。
たとえ普段からサロンで色んなお客さんの施術を行っていて慣れているとはいえ、一般的なヘアサロンで働いている技術者は、肉眼で見ながらメイクを施していて、撮影するとどうなるのか・・・と言う事は想定していません。
またそれを伝えられた上で施術をしても『撮影用メイク』の経験が浅いと、実際に撮影したときには、思ったような発色が得られなかったりします。
プロのメイクでもなかなかうまくいかずに、ことあるごとに撮影中に直しが入るくらいでです・・・

それに宣材写真の撮影であれば、髪の毛もお肌もセットする・・・作りこむ・・・よりは、整える・・・ことに注力するくらいで良いと思います。
もっとも職種にもよっちゃうんでしょうが・・・笑

弊社宣材写真には全て影があります

宣材写真
①宣材写真

弊社宣材写真には全て影があります

何のこと言ってんの?
って思う人も多いでしょうが、他のスタジオでは通常、撮影終了後に気に入った写真を全身・バストアップそれぞれ一枚くらいづつ選び修正や加工を施して完成としているようです。そのときに、背景に付いた被写体の影も消してくれるようですが・・・

弊社宣材写真サービスは、基本プランではこの影は消しません。
必要な場合は、加工・修正のオプションを利用してもらうことになります。

宣材写真 - 白抜き加工
②ちょっと雑で悪いんだけど上の写真を白抜き加工してみた

証明写真じゃないんでね・・・基本的に背景に影と言うのは必ず付きます。あとは全体的に光を回してどれだけ影を柔らかくしていくか・・・と言ったくらいで完全に影を消すことはあまり出来ないと思います。(稀にそう見える写真も撮れますが・・・)

バック飛ばしで撮影すれば、真っ白にすることも可能ですが、弊社の場合は別料金です。
また、バック飛ばしの場合は、それに伴う加工修正による微調整も必要になってくるので、結局、加工修正代も別途にかかってしまいます。

結局、影の付き具合も人によってはOKとする人もいれば、NGとする人もいるため、影を除きたいのであれば、弊社での撮影は、基本料金(4,400円)にバック飛ばし(2,200円)と白抜き加工(1枚につき550円)で合計8・9000円くらいはかかってしまいます・・・
で・・・そこまでお金出して弊社で撮りたいか・・・と言う事ですよ・・・
そこに重きを置いて宣材写真を撮るのであれば、何も弊社に来る必要ないんじゃないかと・・・最初からオプションなしでそれらを行ってくれるスタジオ行けば済む話なので・・・

私も個人的には、これだけのお金をもらったからと言ってやりたいか・・・と言うと正直面倒くさいので・・・やりたくないです・・・笑

写真って本来撮って終わりじゃないんです・・・でも弊社では、写真の一番面倒くさい部分を一切取り除き、撮影だけに特化しているからこそこれだけのお値段で出来るということです。

ゆめゆめお忘れなきよう・・・

宣材写真
これは白抜き加工後、違和感が出てしまっているので微調整しています

今回、このようなお話をする背景には、先日撮影した写真が全て背景に影がついている・・・今までこんな宣材写真見たことも使ったこともない・・・と言う指摘を受けたことによるものです。

最初電話で言われたときびっくりしました・・・何か失敗したかな?と・・・今まで一度もそんなこと言われたことなかったし、何度見直しても、そんな気になるような影なんかないんだけどなぁ・・・とは思ってるんだけど、まあ本人がそういうのであればそうなんでしょう・・・結局一部白抜きしましたが・・・(結局白抜きしてほしいってことだったのかな・・・)

とまあ、そんなこんなもありまして、改めて弊社の写真は影があると言う事と、背景の影を消すにはオプション料金がかかりますということでお願いします。

ぶっちゃけ背景の影を消すことにどれだけ意味があるのか知らんけど、お金さえ出してくれればやりますよ・・・

それと、宣材写真って言ったら、黙っていても広告やカタログのような白抜きの写真がもらえるもの・・・と思われていて、それが当たり前だと思っている人もいるんだ・・・と・・・ちょっと怖くなりました・・・
やっぱりもっと事前にシッカリ説明しないといけないな・・・
ってか、blogの記事にも再三書いてはあるんだけど、まだまだ足りないのかな・・・

宣材写真撮影の仕事をしていて何が一番うれしいか・・・♪

宣材写真モニター撮影

宣材写真撮影の仕事をしていて何が一番うれしいか・・・♪

昨日こんなメールが届きました。一部抜粋して掲載します。


お陰様で
幾つもの芸能事務所からお声をかけていただき・・・

★★★中略★★★

この業界へ足を踏み出す一歩として
重要視される宣材写真が
自然体で修正無しのありのままの表情が
逆に目に止まったようです。

★★★以下略★★★


こういうお便りは、本当に励みになります。
この仕事をしていて一番うれしいです・・・

ちなみに彼女は、昨年の夏ごろに宣材を撮影し10月には事務所に入所、昨年1本のTVCMと今年はすでに1本CMを撮り終えたそうです・・・(大活躍ですなぁ・・・♪)

もちろん、事務所が決まったり、お仕事を手にできたこと自体は、私がそういう写真を撮ったから・・・ではなく、本人がカメラの前で何をしたか・・・だと思っています・・・
その結果として、事務所への入所・CMのお仕事・・・と言う評価をいただいたのではないかと・・・

でも私は私で、自分がこれまで宣材写真と言うものを、どう捉え、どう行動してきたか・・・と言った、考え方や行動に対して改めて自信に繋がりすごく喜んでいます。
やっぱり、写真の中にそれを見ている人は他にもいるんだ・・・と・・・

誤解しないでください・・・だからこうしろ・・・と押し付ける気はさらさらありません・・・そういう人もいるんだ・・・と言う事です・・・

いつも言う事ですが、これが必ずしも正解ではありません・・・私には私の・・・あなたたちにはあなたたちの、正解があるはずです。
それを見つけるのか、造るのか・・・はたまた何もしないのかは自分自身の問題と言う事なんですよ・・・

『自分らしさ』とか『魅力』と言う得体のしれないもの・・・笑

宣材写真 『自分らしさ』とか『魅力』と言う得体のしれないもの

『自分らしさ』とか『魅力』と言う得体のしれないもの・・・笑

よく『自分らしさ』とか『魅力』を引き出します・・・ってうたい文句があるよね・・・
うちでも『自分らしさをコンセプトに・・・』ってうたい文句を使っているけど、正直『自分らしさって何?』って話なのね?
だって、宣材写真を撮りに来る人って、ここで初めて会う人たちばかりでしょ?
そんな人たちの『自分らしさ』なんて知らないもん・・・♪『あなたの魅力』って何ですか?って、逆にコッチが聞きたいんですけど・・・って話なのよ・・・笑

それを2,30分で『自分らしさ』とか『魅力』を引き出して撮っちゃうんでしょ?そりゃすげえよ!!絶対そのスタジオ行った方が良いよ!!こんなところ読んでる場合じゃねえよ!今すぐ検索してGO!だよ♪

まっ冗談はこれくらいにして・・・
『自分らしさ』とか『魅力』って、そ~んな簡単に出せるもんじゃないと思うよ?
大体、自分の『自分らしさ』とか『魅力』と言うものがよくわかってない人たちだって多いのにさ、どうやってその人の 『自分らしさ』とか『魅力』 を引き出すんだろうね・・・で、だいたいそんなものを見せられたところで『はぁ・・・』みたいな感じじゃん♪

いつも言うんだけどさ、『自分らしさ』とか『魅力』って、出そうと思って出せるもんでも、引き出そうとして引き出せるもんでもないんだよ・・・
勝手に出ちゃうもんなの・・・自分では気づけないもんなの・・・こんなものは周りの人間が気づいてくれるものなの・・・気づかせてくれるものなの・・・

自分では『〇×なんだよね・・・』と思っていても、他人からは『馬鹿だな・・・そこがお前のいいところだろ?それが魅力なんじゃん・・・』みたいな会話聞いたことない?
つまりさ、何が魅力で何が自分らしさなのかなんて、見る人それぞれで変わっちゃうわけよ・・・
自分にとっての自分の魅力は、他人からしてみれば魅力でも何でもなく、ごくありふれたもの・・・と捉えられることもある・・・と言う事・・・

同性にとっては『あんた性格悪いわよ?』と言われることも、異性からは『そこがまたたまらなく魅力的なんだよ~♪』ってあるでしょ?
つまりはそういう事・・・♪

結局のところ、『自分らしさ』とか『魅力』なんて、その人を見る立ち位置で変わってしまうのだから、何が『自分らしさ』で、何が『魅力』なのかなんて決めつけずに、まずは色々やってみなと言う事・・・

何が『自分らしさ』なのか『魅力』なのかは後から評価と言う形で結果がついてくる・・・
それが良いか悪いか・・・納得のいくものか否かは別として・・・ね♪

写真に写っている通りの、自分になれない・・・

宣材写真 - 写真に写っている通りの、自分になれない・・・

写真に写っている通りの、自分になれない・・・

今年に入ってから、こんな相談を数件受けました。
弊社スタジオで宣材写真撮影をした際の写真を見て、お気に入りの写真が何点かあるというので、一生懸命鏡の前でその姿勢になるよう色々研究を重ねているようなんですが、なかなか写真と同じようにきれいに立てていない・・・あのときなぜこんな風に立てたのか、こんなショットが撮れたのかがわからない・・・と言うのです。

まあ、当然なんですけどね・・・♪
だって、本来、撮影でたかだか数時間やったくらいで出来るようになることやってませんから・・・
正直言いますが、みなさんアレで『綺麗』とか『格好良い』とか『すごい』とか言ってますけど、たかだか数時間ですよ?
出来なくて当たり前なんです・・・

例えば・・・モデルやダンサーがモデルやダンサーになるためにどれだけの時間レッスンしますか?役者になるためにどれだけの時間を要すると思いますか?
まっ!そういう事なんですよ・・・

それともう一つ・・・カメラマンである私からのアドバイスで出来上がった作品と言うのは、どこまでいってもカメラマンである私の考える美しさであって、あなたの美しさではありません。
私が美しいと思ったものを形にし、それを美しいとそれぞれが同調したにすぎません。

つまり、そこから先は自助努力が必要と言う事です。
いつまでも私なんかのアドバイスを当てにしていては、自分らしい美しさなんか到底おぼつきませんよ?

私のアドバイスと言うのはあくまで、テーマであり、とっかかりであると言う事・・・
それを使って何をどうしたいかは自分自身で決める事・・・

宣材写真モニター撮影

なぜ納得のいく宣材写真撮影が出来ないのか・・・

宣材写真

なぜ納得のいく宣材写真撮影が出来ないのか・・・

答えは簡単なんです・・・
何をもって、納得のいく宣材写真なのか・・・と言うコンセプトが自分自身にないからなんです・・・

カメラマンはあなたのことを何も知らない・・・

撮影をする際に『綺麗に撮ってください』『可愛く撮ってください』『格好良く撮ってください』『自分らしい写真を撮ってください』・・・まあ、色々リクエストもらうんですけどね・・・

私・・・あなたの綺麗を知らないんです・・・あなたの可愛いを知らないんです・・・あなたの格好良いを知らないんです・・・あなたらしいあなたを知らないんです・・・
なので、まずカメラの前で『あなた』・・・を教えてください・・・と言う事なんです・・・

自分のことを一番知らないのは自分・・・

でもみなさん、ほとんどの方が、『わかんない』『難しい』『出来ない』・・・と言って考え込んでしまうんです・・・
考え込んでいいのはカメラの前に立つ前まで・・・一度カメラの前に立ったらあとはただひたすらにやればいいだけなんです。

そもそもそんなに難しいことですか?
自分のことですよ?
『自分で自分がわからない』『自分が難しい』『自分が出来ない』・・・と言ってるようなもんなんです・・・

弊社スタジオブログの内容について・・・

宣材写真 - 弊社スタジオブログの内容について・・・

弊社スタジオブログの内容について・・・

弊社スタジオブログについては、よく『同じことを繰り返している』と言う指摘と『全く違うこと書いてるじゃん!』と言う指摘があります。

ですが、それぞれにはちゃんと理由があってのことなのです。
以前、『同じことを繰り返している』と言う件については、とても大事なことだから・・・事例や事象を変えて、色々な観点から話をするが、結局そこへ行き着くのだ・・・と言うお話をしました。

今回は、もう一つの『全く違うこと書いてるじゃん!』について書きます。
弊社のブログを読んでいると、『あれ?この前もこんな話してたけど、全く真逆に結論付けている』と言うお話や『あれ?前回とちょっと違うんじゃね?』みたいなことになっていることもあるかと思います。

世の中には、色んな人がいて、色んなことを言う人が言います

一つの事・・・例えば、『宣材写真』と言うものに対して、色んな人がいて、色んな意見を言う人たちがいます。
『A』と言う人もいれば『B』と言う人もいて、『いやいやそれはZだろ・・・』と・・・つまり、ここにたどり着いたみなさんは、もうここに来るまでにも色んな情報を色んな所から収集していて、場合によっては、『一体何が正しいの?だれの言っていることが正解なの?』と言う事になっている人もたくさんいるわけです・・・よね?
なので、ここへ来たら、そうした悩みが少しでも解決できるようにしているわけです・・・

ここに書かれていることは、全て私一人が書いていることではあるのですが、一つの事柄にしても、色んな人がいて、色んな意見があるのだ・・・何が正解なのか・・・なんてやってみないとわからないのだから、まずは色々試してみる・・・と言う事なのです。
その中から分が『これだ』と思うものをじれば良いんじゃないですか?

宣材写真モニター撮影