姿勢が悪い・・・歩く姿勢編

前回【姿勢が悪い・・・立ち姿勢編】を説明しました。
今回は【歩く姿勢】です。

宣材写真 ⇒ 宣材写真
前回のように、立ち姿勢を綺麗に整えて撮影するのは簡単です。
おかしい箇所を修正し、しばらくじっとしていてもらえばいいのですから・・・

ですが、歩く姿勢・・・・動作を見せるとなると、なかなかうまくはいきません。
上記の姿勢から、一歩脚を前に出しただけでご覧の通り・・・
いつもの自分の姿勢でしょうか・・・背中が曲がり、顔が前に出て顎が上がってきてしまっています。

宣材写真 ⇒ 宣材写真
さらに右の写真では、次の一歩を出す前に体が(向かって)左に傾いてしまっているのがわかるでしょうか・・・それに合わせて肩の高さも左右バラバラです。

普段カッコよく綺麗に歩いて見えるようでも、動きの一瞬を捉えると、こういう風に見て取ることができ、本当の意味で【見る眼】を持った人間と言うのは、この瞬間を見逃さないのです・・・

ファッションショーなどのランウェイの写真・・・本当にカッコいい写真と言うのは、トップで奇抜なポーズを決めている写真ではなく、ランウェイを颯爽と歩いている途中の姿だという事に気づきませんか?
今度、ファッション誌をよく見てごらんなさい・・・

ちなみに余談ですが、ランウェイでは、フラッシュがたけないため、ランウェイの数か所に撮影ポイントとして、その位置にスポットライトが当たるようにライティングされている場合もあります。
中には最初からそこにフォーカスを当てて、その瞬間しか撮らないカメラマンもいたりします。
だからと言って、そこだけ気を付ければいいというものでもないし、出来るものでもないのですが・・・ね・・・♪

まあ、それだけ、綺麗に歩くというのは難しいことであり、前回の【姿勢が悪い・・・立ち姿勢編】と合わせ、これらの姿勢を綺麗に見せることが出来るだけで、『カメラの前でどんなポーズしよう・・・』なんて考えなくても、ただ佇むだけで絵になってしまうという事なのです・・・

モデルに限ったことじゃないですけど、出来る人がなかなかいないからこそ、それが出来ることに価値があったりするわけです。

姿勢が悪い・・・立ち姿勢編

うちに宣材写真を撮影に来て、一番注意されるのが、姿勢の悪さです。

どんなポーズで撮ればいいのか、なんてことよりも、まず姿勢の悪さを何とかしましょう。
どんなにカッコイイポーズやポージングも、姿勢が悪かったら何にもなりません。

意外と皆さん、自分のことをよく見てないし、よく知らないんだな・・・と思います。
自分のことをアピールするための宣材写真で自分のことをよく知らないようでは、自分をどのように宣材写真でアピールすれば良いかわからないのも道理です。

で、この姿勢の悪さをどう改善すればいいのかと言うと、私は医者でも整体師でもないので、直して差し上げることはさすがにできません。
ですが、それを指摘し、どういう形が本来みなさん一人一人の美しい姿勢かをお伝えすることは可能です。

下の一枚の写真を見て、みなさんはどう思われますか?

一件、可もなく不可もない、イベコンやモデルの宣材写真にありがちな一枚だと思います。
でも実は、突っ込みどころ満載で、指摘したところを直しただけでこうなります。

宣材写真 宣材写真

先ほども言いましたが、私は整体師や医者ではありません。
施術を施して姿勢を矯正するという事は出来ません。
ですが、撮影した写真を基に何をどうした方が良いかを伝えることは出来ます。
そして、なにをどうお伝えすればよいかは、みなさん一人一人に個性があるように、人それぞれなのです。

次回・・・歩く姿勢編・・・こうご期待・・・笑

宣材写真を白バックで白い服を撮影するのはNGか?

結論先に言っちゃうと、そんなこと言ってるのはカメラマンが下手クソなだけです・・・笑

宣材写真撮影において、白バックで白い服の撮影が必要であるか否か、宣材写真として向き不向きは置いといて・・・

宣材写真-白バック白い服 宣材写真-白バック白い服

確かに根気のいる撮影ではありますが、やってやれないことはないです。
ただ、やっぱり時間がかかる・・・
人物の身長やチョイスした洋服の形やポーズ・・・
それぞれだから、同じライティングで撮影ができない場合もある。
でも、宣材写真を撮影するスタジオのほとんどがライティングを変えないで一律で撮影をしようとするから、撮影する人物によって優劣が出てしまう。

宣材写真-白バック白い服 宣材写真-白バック白い服

撮影しようとする人物の身長が変われば照明の高さだって変わるし、ポーズや衣装の形によっては、照明の角度だって変わってくるはず・・・
と言うのは、わかってもらえるだろうか・・・

つまり、本当に腕に覚えのある・本当に実力のあるカメラマンであれば、背景や服装やメイクやライティングやロケーション・・・そして人物さえも選ぶことなく最適な撮影を実現できるという事・・・

宣材写真-白バック白い服

宣材写真-白バック白い服

宣材写真-白バック白い服

宣材写真-白バック白い服

そして、本当に優秀なカメラマンと言うのは、やる前からあきらめないという事・・・
ダメなら次・・・だめなら次・・・・だめなら次・・・クライアントからOKが出るまで勝手にやめたりはしない・・・という事・・・

いつも言うことだけど、あなたにとっての宣材写真とは何ですか?
・カメラマンの腕を見せるものですか?
・スタイリストやメイクの腕を見せるものですか?
・撮影したスタジオを紹介するものですか?
・自分を見せるためのものですか?

いつも言うことですが、あなたにとって宣材写真を撮影する上で一番大事なことって何ですか?
・料金の安さですか?
・スタジオの遠い近いですか?
・スタジオの設備ですか?
・有名無名ですか?
・メイクをしてもらえるかどうかですか?
・あなたが思い描いた写真が撮れることですか?

まあ、人それぞれです・・・おおいに悩んでください・・・♪
いつか、それが芸の糧になることでしょう・・・

オーディション写真 – 2枚の写真を見比べる

2枚の写真を見比べてみて違いが判りますか?

オーディション写真 オーディション写真

一枚目は、頭のてっぺんから体の中心がまっすぐ地面に垂直に下りています。
二枚目は、体が前傾姿勢になっているのがわかるでしょうか?
そのため、体の芯が地面に対して斜めになってしまっているため、正面からカメラがとらえた写真は若干、背が低く見えてしまう・・・という事です。

本人にしてみたら、どちらも同じように立ったつもりなのですが、実際にこうして自分が写っているビフォーアフターの写真を見せないと、なかなか納得しないものです。

そして、これに気づいて、相手に気づかせることが出来るカメラマンと言うのは、非常に少ないのです・・・
つまり、これに気づけないカメラマンだと、これをアドバイスして改善してあげられるカメラマンではないという事なのです。

当然ですよね・・・

オーディション用宣材写真撮影はメディアサービススタジオへ

オーディション写真 – ポーズ

オーディション写真 – ポーズ

正直、オーディション用の写真はプロフィール用の宣材写真と違って、あまり表に出るものではありません。
また、見せるべきものは、姿・形であって雰囲気とか目に見えないものは、あまり重要視させてません。

ただし、これもモデルなのか、役者なのか・・・と言ったジャンルによってしまうかと思います。

オーディション写真 - ポーズ

例えば、モデルの場合であれば、立ち姿勢が綺麗かどうか・・・
上記のIライン・・・見るとやるとじゃ大違いですからね・・・

あと、足を上げたり、クロスしたり、腰に手を当てたり、必要以上に手を動かすと言うのも、モデルとしてはあまり良い印象は持たれません。

『じゃあ、何にもできないじゃん!!』

って?
そうですよ?
正確には、『何もしなくてもきれいな立ち姿勢が出来る』のがモデルですから・・・

役者とか歌手とか声優ならもうちょっと自由な展開でもいいと思います。
ただ、闇雲にやるのではなく、ちゃんと何を伝えたいのかだけは考えましょうね・・・

オーディション写真 - ポーズ オーディション写真 - ポーズ

オーディション用宣材写真撮影はメディアサービススタジオへ

オーディション写真用の服装について女優・声優・歌手・アイドルなど

オーディション写真用の服装について女優・声優・歌手・アイドルなど

オーディション写真用の服装 オーディション写真用の服装

まあ、あんまり華美になり過ぎず、色は白でも黒でも茶色でも好きなものを選んでください。

形は、写真はワンピースのミニですが、ロングのドレスでも良いと思います。
グラビアとかやるなら水着でもありです。

あとポーズですが、役者とかならもっと動きを付けたポージングでも良いと思います。
それから、腰に手を当てるのはやめた方が良いかな・・・
偉そうに取られるから・・・

まあ、色々考えてください。
ルールなんてありませんから・・・

オーディション用宣材写真撮影はメディアサービススタジオへ