劇団四季オーディションの書類応募締切は9/17だそうです・・・

夏休みの間も、チラホラと『劇団四季のオーディションを受けます!!』と言う人たちが何人かいたなぁ・・・と言う印象だったんですが、先週あたりから、『劇団四季のオーディションを受けます!!』って人が続いたので、調べてみたら、今回は9/17が応募書類の締切だそうです・・・(確か去年は10月か11月だったような・・・)

今のスタジオを初めて5年目になります。
年々、劇団四季のオーディションを受けるために宣材写真を撮りに来る方が増えていますが、確か、このスタジオを開いた最初の年に『今回3度目の挑戦です』と言って撮影をした娘から合格の連絡をもらって以来、誰からも合格の連絡をもらっていないなあ・・・笑

その『今回3度目の挑戦です』と言う娘のことは今でもよく覚えてるんですよ・・・
何せ、なかなかOKが出ずに6時間もかけて撮った娘ですから・・・笑
その娘こう言ってたんです・・・
『私来年25歳になるんで、これが最後のチャンスなんです。だから一切手を抜けないんです。』って・・・
結局総ショット数1024枚・・・弊社スタジオでさえ、いまだに破られることのない金字塔です・・・笑

それとその娘が忘れられない理由がもう一つ・・・
それまでにも、そういう撮影方法は行っていましたが、宣材写真の撮影でその方法を取り入れたのは初めてでした。
それまでは宣材写真と言えば、他所と同じような方法で撮影をするものと思っていましたので・・・
でも、その娘との撮影で写し出される写真を見て、『ああ、これこそが本来の宣材写真じゃん』と思いました。
以来、その手法を必ず使って宣材写真を撮るようにしています。
何にせよ、その時の、その娘の想いに突き動かされて、私も出来る事は全て出し切るつもりで臨んだ撮影でした。

結局、その写真を使ったのかどうかはわからなかったんだけど、『書類通った!!初めて通った!!』ってすっごくうれしそうに電話してきてくれたのを覚えています。(まあ、その後どうなったか知らないけど・・・笑)

一応、誤解しないでほしいんだけど、うちのスタジオでそういう撮影方法で撮ったから書類が通ったわけじゃないからね?
彼女が通った勝因はきっと、宣材写真一枚に全力で事に当たり、絶対にあきらめなかった事・・・その強い想いが私に様々な手法を使わせ、その娘の何かを伝えたいという気持ちが相手に届いたのではないのかな・・・と思っています。
これは私と言うカメラマンに限らず、どこのスタジオに行っても、目の前のカメラマンをその気にさせられるか・・・と言うことです。
撮り手であるカメラマンのプロ根性に火をつけられるかどうかは自分次第だと言う事なんです。

書類審査の写真撮るのに全力で当たれない人間が、その先のオーディションで全力なんか出せるわけがないし、合格して劇団四季のステージで全力なんか出せるわけがない・・・から、そもそもそんなのが合格できるわけがない・・・と言う事なの・・・yo♪

そういうところはさ・・・ちゃんと見る人が見れば、わかっちゃうんだと思うよ?
いや、俺審査員じゃないから知らんけど・・・笑
まあ、一度こんなところも読んでみな?

すでにオーディションは始まっている
オーディション用宣材写真で一番大切なことは・・・

ええ~となんだっけ・・・そうそう
劇団四季の書類応募締切は9/17』だからね・・・

オーディション写真
オーディション写真

こんな風に、よく劇団四季のオーディションっていうと、レオタード姿になんかダンスをしているようなポーズをとる人多いんだけど、体のラインがわかるようにと言う事であれば、何もポーズなんかつけないで真直ぐ前を向いて気を付けでもいいんじゃないか?

如何に美しく見せられるか?美しいか?じゃないだろ?あなたの体のラインどうなってるか?じゃないの?

だって『募集要項』には、美しいかどうか・・・美しく見せられるかどうか・・・なんてどこにも書いてないだろ・・・第一、そんなものいくらでも作れちゃうだろ?

第一、君たちの小手先のテクニック程度で誤魔化せる相手でもないと思うけどね・・・
君たちが相手にするのは、単に『審査員』と言う名札を付けた人たちではありません。
自分たちにとって、本当に必要か否かの確かな目を持っている人たちです。
口角上げて歯を見せて・・・なんて言って笑顔を作っているようじゃ、お話になりません・・・

宣材写真
宣材写真
宣材写真
宣材写真

やっぱりオーディション写真で見たいのって、どういう人なんですか?っていう、素材そのものだと思うんだけどね・・・
それを知った上で、必要なのか否かを判断すると思うんだよね・・・
誤解してる人多いけど、オーディション写真って綺麗かどうかじゃなくて、必要かどうかを見極める判断材料だからね? その判断材料の中に綺麗かどうか?と言う項目が含まれている場合もあるというだけのこと・・・

もし仮にだ・・・綺麗が判断基準だったとしよう・・・綺麗に見せることを意識して綺麗に見せることができる人と、何もしなくても同じくらい綺麗な人・・・
まっそういう事よ・・・♪

もし仮にだ・・・綺麗・可愛い・恰好良い娘がいたとしよう・・・でも100人の綺麗・可愛い・恰好良い娘たちの中に放り込めば普通だから・・・
まっそういう事よ・・・♪

あっあとさ劇団四季って・・・『とりあえず一回受けておこう』とか『何となく受けてみよう』で受かるようなところじゃねえぞ!?
軽い気持ちで受けるなら、真剣にやってる人たちの邪魔になるし失礼だからやめときな・・・

連中は文字通りprofessionalだから、それで食ってる連中だからな・・・
自分たちが働いてる職場にそんな気持ちの連中が出入りしてたらどう思う?
まあ、そういう事・・・

まっ余計なお世話か・・・♪
ええ~としつこいようだけど、
劇団四季の書類応募締切は9/17』だからね・・・

宣材写真

夏休みに入り、お子様の撮影が増えています♪

特に土日は中・高校生を中心に小学生以下のキッズの撮影もあったりと朝から大変賑やかだったりします。
こうしたお子さん達を撮影する際にいつもお願いすることですが、付き添いのお父さんお母さんは、あまり口を出さずに、まずは本人のやりたいようにやらせてみてください。

宣材写真

特に小さいお子さんは、『〇〇ちゃん、ちゃんとやって?』『はい、笑って?』と言われると、それをやらなきゃいけないと反って委縮してしまうものです。
宣材写真なんて、ちゃんとやらなくて大丈夫です。やらないくらいで充分です。
『笑って?』と言うのであれば言葉ではなく、お子さんが笑ってくれる何かを提供してあげてください。
その場で一緒に遊んであげたり、お話をしてあげたり聞いてあげたりでも構いませんし、お子さんが普段お気に入りのおもちゃや絵本などを持ち込んでもらっても構いません。
時間は充分あります。急がないでください。

宣材写真

中・高生のお子さんの場合でも同じです。
特に年ごろなので、見られているとやりずらいとか恥ずかしいうと言うのもありますので、あまり口を出さずに、まずは本人のやりたいようにやらせてあげてください。
聞かれたことにはアドバイスは必要ですが、決めつけるのではなく、出来るだけ本人に考えさせて意思決定をさせるのです。それが自分らしさにつながります。

宣材写真

そして、これはすべてに共通することですが、必ず褒めてあげることを忘れないでください。前出の話とは食い違って見えてしまうかもしれませんが、コミュニケーションをとることは撮影をする上でとても大事なことです。
それでは、良い作品が出来るのを願って・・・♪

宣材写真

宣材写真撮影のご予約は・・・

料金の安さで来るのか、オーディションに合格したくて来るのかは・・・同じではない・・・

宣材写真

真剣にオーディションに合格したくて・・・真剣にその写真で仕事を増やしたくて・・・
だから色々調べた結果・・・うちに来たのか・・・
単に料金が安いからうちのスタジオを選んだのか・・・

すぐにわかってしまうものなのです・・・
そして、それはカメラの前に立たせるともっとハッキリと色濃く出てくるものなのです。
いちいち言わないだけですよ?
こっちはお金をもらっているのですから・・・
ただ、同じではないですよ?
アゴを引く・・・は、やっぱり都市伝説・・・』でも言いましたが、私は一人一人をちゃんと見ています。
その結果、その一人一人に合わせた最適なサービスを提供しているつもりです・・・

『料金の安さ』で来た方には料金の安さを・・・
『オーディションに合格したい』と言う方には、それなりのアドバイスを・・・

どうですか?
同じ料金をもらっていても同じじゃないでしょ?
不公平だと思いますか?
でも、それぞれスタジオやカメラマンに求めているものが違うんだから仕方ないですよね?

『料金の安さで選んだ客もオーディションに受かりたいにきまってるだろ?』って?
本当?
本当は『受かるかどうかわからないオーディションのために、1万も2万もお金を出すのは惜しい・・・とにかく安く写真撮って、それでオーディションに受かったらラッキー♪』くらいなのが本音なんじゃないの?

本当にオーディションに受かるために宣材写真を撮りに来てるなら、オーディションに受かるための宣材写真を撮ろうとするはずなんだよ・・・
でも、カメラを通して見るその人たちには、その片鱗が微塵も見当たらない・・・

別にいいのよ?料金の安さだけで来たって・・・
こっちは楽だから・・・だって最後は『安~い♪』って言って喜んで帰ってくれるんだから・・・
それに、スタジオ側の本音は、その人がオーディションに合格するかどうかじゃなく、撮影した写真を見て納得してくれるかどうかだから・・・
でもさ・・・そもそもの宣材写真を撮る目的を見失ってない?
手段だったはずが目的にすり替わっちゃってるんだよ・・・

宣材写真

宣材写真 – 1年間撮り放題サービス開始 !

宣材写真 – 1年間撮り放題サービス開始 !

宣材写真 - 1年間撮り放題サービス開始!
宣材写真

宣材写真 – 1年間撮り放題サービス開始 !
日ごろからご愛顧賜り誠にありがとうございます。
弊社では、撮影内容を気に入って、料金の安さも相まって、レッスンのように通ってくれるリピータの方も多くいらっしゃいます。

そこで、そうした熱心な人たちを応援するべく、条件付きで1年間撮り放題のサービスを開始します。


★1年間撮り放題サービス条件

一、撮影は土日・祝日のみ

一、撮影開始時間は10:00~18:00

一、スポット撮影のお客が優先

一、撮影は1日1回2時間まで

一、7日前までに事前予約

一、予約受付は次回の予約のみ(受け付けた撮影が終了しないと次の予約は入れられません)

一、加工修正は無し(有りの場合、別途料金発生)

一、データ持ち帰りは弊社で用意したDVDのみ

一、バックペーパーは白のみ

一、ヘアーメイク等は自前

一、外履き厳禁

一、初回撮影日から365日を過ぎた、最初の土日・祝日を有効期限とする

一、女性限定

一、代金返金保証はありません

以下、解除事由(※代金は返金しませんのでご注意ください)

一、撮影日時の変更を繰り返す方

一、約束の時間を守らない方

一、予約をすっぽかす方


まあ、それほど難しい条件ではないと思います。解除事由なんてむしろ当たり前の話です。
1日1回2時間までとしているのは、『撮り放題だから・・・』という事で、あまりダラダラやってほしくないからです。きちんとその日、何を、どう撮りたいかを決めてテキパキ撮影を進めるという事と、みなさんのモチベーションがそれ以上持たないからです・・・笑

それと解除事由を設けたのは、『絶対こういう人出てくるだろうな・・・』と思ったのと、これをやられると他のお客に迷惑かけるからです。


1年間撮り放題サービスのメリット

・衣装チェンジ無制限

・年間最大100回以上も撮影が可能


1回2時間の撮影で衣装チェンジは何回してもらっても構いません。
スポット撮影では、衣装チェンジで2着目以降は1着につき別途1,000円(税別)かかってしまうわけですから、1年で2回撮影すれば充分元は取れてしまうわけです。

で、年間なんと100回以上、時間にしたら200時間宣材写真撮影が可能です。

って、肝心の料金の案内がまだでした・・・
気になる料金ですが・・・( ^ω^)・・・

( ^ω^)・・・

( ^ω^)・・・

( ^ω^)・・・

早くしろ!!

10,000円(税別)!!

で・・・当然こんな料金で、みんながみんな撮り放題になっちゃったらスポット撮影が出来なくなるし、スポットのお客優先と言って、撮り放題断ってばかりいたら、『撮り放題じゃないじゃん!』ってクレーム必至なので、募集人数には制限を設けます。
先着10名まで・・・


宣材写真撮影撮り放題申込
スポットでの撮影ご希望は下記よりお申し込みください。
宣材写真撮影申し込みページ

■その他、『良くあるお問い合わせ』もご確認ください
1年間撮り放題サービス・・・賢い人はこんな使い方をしている!!

クレジット決済できます


宣材写真 - 1年間撮り放題サービス開始 !
宣材写真 – 1年間撮り放題サービス開始!

宣材写真撮影の前にスナップ撮影で腕試し!

うちの撮影の一番の売りは・・・

料金の安さ

ではありません・・・

写真のクォリティ

でもありません。
それは・・・

撮影することの楽しさ・面白さを体験することができる。

という事です。
一見、宣材写真撮影の趣旨とはかけ離れているようにも思えるだろうけど、そもそも・・・

・料金の安いスタジオ
・近くて便利なスタジオ
・クォリティの高い綺麗な写真
・サンプルが多くオーディション合格者を多数輩出しているスタジオ
・有名で立派な門構えのスタジオ
・ヘアメイクがつくスタジオ

これらがみんなの宣材写真を撮る上で、どれほど重要ですか?
ってことです・・・笑
なので、うちに撮影に来たときはぜひ、撮影することの面白さ・楽しさを体験してもらいたい・・・
ただ、言われた通りにやらされて、口角上げてるだけじゃ、笑顔の写真は撮れないよ!?

宣材写真
宣材写真
宣材写真
宣材写真
宣材写真
宣材写真

こういう写真を何十枚・何百枚撮って初めて自分が納得できる表情の写真が出来たりするもんなんだからさ・・・

宣材写真
宣材写真

集客のためのコンテンツではなく、お客のためのコンテンツである・・・

良くbolgを更新すると、色んな業者から連絡が来ます。

宣材写真

『御社のコンテンツを充実させて集客に役立てます』とか『SEO対策には外部リンクが効果的』とか・・・

要は、SEO対策をして、google検索で上位表示をすることで、より多くの人に見てもらい、ホームページまで誘導することが、集客である、と・・・

でもね・・・
うちは集客のためのコンテンツ作りなんてものにはさらさら興味ないの・・・
うちに撮影に来るお客さんのためのコンテンツ作りをしているの・・・それが結果として集客に繋がっているだけなの・・・
(我々にとっては、ホームページまで来てくれる人たちを集めることを集客とは呼ばない・・・お金に結びついて初めて集客と呼ぶ)

だって君たち・・・撮影の何を知ってるよ・・・
この業界の何を知ってるよ・・・
そんなことも知らない連中(ただのマーケティング屋だろ?)がただただgoogle対策のためだけに書くもんだから、見ていてへんてこな記事なんだけど、結果として上位表示され、そんなところに誘導されたお客が泣きを見る・・・

記事の内容を見れば、一件それらしいことを書いているけど、素人がどこかの記事をパクってきてそれをSEO対策用に都合よくカスタマイズした記事だというのがまるわかりなの・・・

良く、うちに来るお客に『なんでうち選んだの!?』って聞くと、『みんなおんなじことしか書いてない・・・』っていうんだよね・・・
そりゃそうだよ・・・SEO業者に依頼してホームページ作ってもらって、コンテンツの内容まで丸投げなんだから・・・

うちも書いていることは実はそんなに他と変わらない・・・
テーマとしては、撮影方法・服装・メイク・ポーズの取り方等々・・・
でもね・・・うちは自分の知識と経験をそのまま文章として反映させていて、実際に撮影をするもの・されるものにしかわからないことを記事として挙げているの・・・
だから他所にはまねができないオリジナルなの・・・
宣材写真撮影と言うものがどういうものか知らないライターじゃかけない記事なの・・・
だって、俺にしかわからないことのはずなんだから・・・笑

確かにSEO的に考えればgoogleのAIには決して優しくないかもしれない・・・でも、本当に宣材写真の撮影に行き詰った人たちからしてみれば、納得できる・賛同できる・その人の人隣が垣間見えるホームページであり、そういうスタジオ・カメラマンでなくてはならない・・・
だから他所で失敗した人たちが、これらのコンテンツを読んで、駆け込んでくるの・・・

俺たちカメラマンってのはさ、撮影してなんぼなわけよ・・・撮影の腕を買ってもらうわけよ・・・
でも今はさ、良いコンテンツを作り、良いホームページを作り、googleに上位表示されることが良いスタジオであり、集客につながるって考えられているのね?

その、良いコンテンツ・良いホームページってのも、誰にとってよ?
って話なの・・・

で、結果そのしわ寄せはお客がお金を支払うという形で全部被る・・・
googleが上位に表示するサイトは良いサイト=良いスタジオ・・・
だからお客にとって、思い通りの撮影ができないのは、スタジオやカメラマンの腕の問題ではなく、あなた自身の問題である・・・と・・・

まあ、一理あるんだけどね・・・?
(でもまあ、今回の話ではそれはちょっと置いといて・・・笑)
で、そうしたスタジオで泣きを見た人たちがうちを選ぶ理由第一位が・・・
自分のことを撮影してくれるカメラマンがどういう人なのか・・・
と言う、カメラマンの人隣りに焦点を当ててくるの・・・

最初は、『宣材写真』や『宣材写真 料金・値段・相場・金額や地域』・・・で漠然と検索していた人たちも、何度も失敗すると、次に『宣材写真 〇〇〇』の〇の部分が変わってくるの・・・もちろん数は多くないけど、そこでうちを見つけてコンテンツを読んで・・・撮影依頼をしてくる人たちは『書いてる内容を読んで、難しいことはわからないけど、この人なら頼りにできる』らしいぞ!?

だってさ、そう思われないようなスタジオ・カメラマンでないのであれば、駅の証明写真でいいじゃん・・・友達に頼んでスマホで撮ってもらったっていいじゃん・・・って話でしょ!?

じゃあ、改めて言うね?
スタジオやカメラマン選びは、サンプルでもなく、ホームページのコンテンツでもなく、値段の安い高いでもなく、近くて便利だから・・・でもなく、カメラマンやスタジオが有名無名だからではなく、立派な門構えだからとかではなく、他人の評価なんかでもなく、ちゃんと自分の目で耳で体感して選びなさい・・・

あれ?なんか俺おかしなこと言ってる?

宣材写真

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター募集
宣材写真撮影モニター募集
宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター募集
現在、メディアサービススタジオでは、宣材写真撮影のモニターを募集しています。

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニターとは?

宣材写真撮影をさせていただいた撮影データを、メディアサービススタジオのホームページ宣伝のための広告素材として、またblog記事の素材として画像データを提供・使用させていただく。
宣材写真撮影でかかる料金を、弊社が撮影データを全て買い取る形で、撮影料金が一切かからないサービスです。
もちろん撮影したデータは全てお持ち帰りいただき、一切の制限なくご利用いただくことが可能です。


宣材写真撮影モニター撮影について

撮影実施日は土日・祝日限定です。
撮影内容は、ご自身で用意した洋服一点と、こちらで用意した洋服の撮影となります。
撮影終了後は肖像権使用承諾書にサインをしていただくことと、顔写真付き身分証明書のコピー1点が必要となります。
所要時間は、説明や打ち合わせなどを含め3~4時間程度をお考え下さい。
具体的な撮影日時や詳細についてはメールにてお問い合わせください。
お1人様一回限りのサービスです。


宣材写真撮影モニター撮影の条件について

20歳未満の方の撮影について
20歳未満の方は保護者の同意が必要です。
こちらで肖像権使用承諾書のPDFをダウンロードし、承諾書の保護者欄に保護者の方が直筆で署名をした承諾書を撮影日当日に必ず持参してください。
直筆ではないもの、署名がないものは無効とし撮影は行いません。

18歳未満の撮影には必ず保護者の同伴が必要になります。
保護者の同伴がない場合は、撮影を行いません。

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター申込

※18歳未満の撮影には保護者の同伴が必要になります。
※20歳未満の撮影には保護者の同意が必要になります。
※女性限定のサービスです。
※申込内容に虚偽の申告があった場合は撮影を中止します。
※モデルに偏りが出ないため、応募者全員を撮影するわけではありません。


宣材写真 モニター

必見!1年間撮り放題サービスの賢い使い方

◼️宣材写真撮影の他のスタジオをもっと良く探す

スタジオカメラマンの本音・・・♪

スタジオカメラマンの本音・・・♪

Coming out!

宣材写真
宣材写真

普段から『宣材写真のスタジオは値段で選ぶな!』と言っていますが、実は値段で選んで来るお客さんの方が気楽です・・・笑

理由は、お値段の安さ・・・以外のことを求められないからです・・・
一見さんのほとんどは、うちのスタジオに来るにあたって、それ以外のことを求めてはきません・・・

こちらも商売なので、相手を見てどう対応するかは決めています。

どこへ行っても思ったように撮れず、藁にも縋る想いでやってくるもの・・・
宣材写真はとにかく安いに越したことはなく、カメラマンの腕なんかそんなに気にしないもの・・・
とにかく近いから・・・

当然、みなさんがどういう想いでうちを選ぶかは自由です。
私にとって良い宣材写真と言うのは・・・


■オーディションに合格する写真

■万人に受け入れられる写真

等ではなく、お金を出してくれるあなたが納得する写真・・・


なんです・・・
だから、料金の安さで選んで来るお客さんって楽なんです・・・♪

だって、料金の安さだけで満足して、写真の出来なんて気にしないで帰ってくれるから・・・♪

宣材写真

8/5日曜日のスタジオ空き状況

空っぽです・・・笑
ぜひ、この機会に宣材写真の撮影にご来店ください。

宣材写真

宣材写真

まあ、予約を取らないので当たり前なんですけどね・・・笑( ^ω^)・・・
ただ、最近は日曜日でも、『思うような時間帯に入りたいから・・・』と言う理由でお問い合わせや相談を受けることもあるし、当日になったらあっという間に埋まってしまうこともあったりするので、お早めにお電話いただけると助かります。

宣材写真

サービス内容の下記のとおりです・・・♪

宣材写真撮影基本パッケージ料金4,000円(税別)
◆バックペーパーは白のみ
◆ヘアーメイク等は自前
◆衣装は自前1着のみ、2着目以降は1着ごとに1,000円(税別)プラス
◆データは加工・修正なしで撮影後すべてCDにて手渡し

オプション料金はこちら

撮影前の注意事項
スタジオへお越しになる前にメイクは済ませておき、手直し程度ですぐに撮影に入れるようにしておいていただくと、スムーズに撮影ができ、より良く多くの撮影がこなせます。決して、メイクや着替えが全然出来ないということではありません。

*外履き厳禁です。外履きでの撮影は別途4,320円いただきます。(ペーパーが一回でダメになるので・・・)

スタジオへ来店する際の注意♪

連日の猛暑でボ~っとしているだけでも暑いです。

スタジオへお越しになる際は、初めてという事もあって駅から慌てる人が多いです。
スタジオに入る時間が押してしまい、汗だくのまま撮影に入ろうとする人もいますが、慌てて気ばかり焦って撮影しても結果は見えています。

慌てずのんびり来店してください。
そうしないと、その”焦った気”がそのまま写真に現れます・・・

カメラは全てを見ています。
写真は全てを写し出すのです・・・

宣材写真

オーディション写真なら