小さなお子さんを撮影に来る保護者の方へ

小さなお子さんを撮影に来る保護者の方へ

先日こんなことがありました。
まだ、小学校に入るか入らないかのお子さんの撮影を依頼されたのですが、お母さんがやたら『顎を引きなさい』『笑って・・・』と話しかけるのです・・・

これ・・・うちのスタジオでは、絶対NGです。

また、『自由に動いて良いしダンスをやってるなら踊ってもいいよ?』と言うことに対し、『髪型が崩れるから・・・』とあまり動かないように・・・とのことでした。

この時点で、『ああ、この人、うちのスタジオブログ読んでないな・・・』と思ったので、あとはもう保護者の言う通り撮影して終わりにしました・・・
無理やりやらされてる感満載のなんとも悲壮感漂う写真なんですが、そんな中にも何枚か使えそうな写真があり、保護者も満足していたのですが・・・

まず、撮影中にお子さんに声をかけるのは、すごく良いことです。
撮影に意識が集中せず、気がまぎれるからです。
そのための声掛けは大いに結構・・・
ですが、撮影のために『〇〇しなさい』『ああして、こうして・・・』は絶対NGです。
かえって子供を緊張させ動きにくくさせるだけです。

話しかけるのであれば、撮影とは関係ない話・・・例えば、学校であった楽しかったこと・面白かったこと等・・・お子さんが楽しくて、面白くて、思わず自分から色々話をしたくなるようなことを上手に聞いてあげる・・・
話をしてあげましょう・・・
撮影中、話をしていてもかまわないのです。カメラを見ていなくても良いのです。
それが本当に最高の出来であれば、それこそが宣材写真なのです。

宣材写真

最近はブログで色々書くとすぐに反応があり、申し込みが増え、ありがたいことではあるのですが、その反面、『近いから』『安いから』だけで来店される利用者も増えています。

お金を出すのはお客さんなんですから構わないのですが、スタジオブログをよく読んで、納得してからお申込をされた方が良いと思いますよ?

脚を美しく見せるために・・・

脚を美しく見せるために-宣材写真

脚を美しく見せるために・・・

ヒールのある靴を履く・・・は都市伝説・・・♪
本当に脚が綺麗な人は、便所のスリッパ履かせても綺麗なものは綺麗ですから・・・笑

それに普段履き慣れないモノを履いて撮影に臨むので、へっぴり腰で見てられないです・・・
立ち姿勢すらまともに維持出来ない人がほとんどで、フラフラしています。
身の丈に合ったものを選び、危険なのでやめましょう・・・

宣材写真と言うのは、決して背伸びをした自分を見せるものではありません。
あるがままの自分を魅せることで、そこを『使ってくれる人はいませんか?』とお披露目をするためのものです。

オーディションなどを受けるにあたって、多くの人が勘違いしているのですが、オーディションと言うのは、それを受ける人たちのためのものではありません。
オーディションを主催する側が、必要とする人材を探す場所であるという事です。

隠したり、ごまかしたりしなければ、選考に残れないようであれば、はなっから勝算はないので無駄なことは辞めておいた方が、時間とお金と労力を無駄に使わずに済むと思います。
そんな小手先のテクニックでごまかせる相手ではありませんから・・・本来・・・

前置きが長くなりましたが・・・

それでも、ヒールのある靴を履いて撮影に臨みたい方へ・・・

まず、無理をせず、あまりヒールの高くないものを選びましょう。
普段それで歩いていても普通に歩けるものを・・・

で、ミュールやサンダルよりも脚をしっかりホールドしたパンプスタイプを選びましょう。
その方が、立ったり歩いたりするときに安定感があります。

ストーム高(つま先部分)は無し、あっても1cmくらいまでに・・・
あった方がクッションになって立っているとき疲れにくいというのとなぜか足元が安定するらしのですが、あまり高すぎると全身写真の時に必要以上に身長が高く見えてしまうので・・・

脚を美しく見せるために-宣材写真

いかがでしょう・・・
宣材写真撮影に臨むにあたっての履物への注意点です。
ただバカの一つ覚えみたいに『脚を綺麗に見せるためにハイヒールを履け・・・』なんて言ってるところより、よっぽど説得力があったのではないでしょうか・・・

もちろん、最後はみなさん自身の判断です・・・

あなたの魅力引き出します?

出来ない出来ない・・・
俺には出来ないねぇ・・・笑

だって、初対面のあなたの魅力が何なのか知らないもん・・・♪

それに、あなたの魅力ってヘアメイクで引き出せるものなんですか?
それって、カメラマンの腕で引き出せるものなんですか?
もしそうであるならば、それは『あなたの魅力』ではなく、ヘアメイクで引き出された魅力・カメラマンに引き出された魅力・・・であって、あなた自身の魅力でも何でもないですよね?

それに魅力なんてものは、人それぞれ持っているものが違うわけですから、ヘアメイクやカメラマンの腕ではどうしようもないものもあるんですよ・・・

自分の魅力が何なのか・・・は他人が決めることではなく、自分が決めることなんです。

宣材写真

宣材写真を撮るにあたって必要なのは・・・

自分力です・・・

宣材写真を撮るにあたって、『必要なのはカメラマンの腕です』
って他のサイトで見るんですが・・・
宣材写真を撮ってる私が言うのも何なんですが、カメラマンの腕なんて大して求められてません・・・笑

誰が撮っても、良いものが撮れるものは撮れるし、撮れないものは撮れないんです。

宣材写真

だって、現に私が撮った宣材写真でたくさんの人たちがオーディションに合格したり、そうかと思えば、スマホで撮った写真で合格する人もいたりするわけですから・・・笑

これからは、宣材写真はスタジオでお金を払って撮る時代じゃないのかもしれませんね・・・
ホントにスマホのクォリティー高いです・・・笑

宣材写真

話を元に戻して、宣材写真を撮るのであれば、まず『どこのスタジオで撮ろう』ではなく、まず自分がどうしなきゃいけないのか・・・
を考えないといけないのですよ・・・

そうすればきっと、『どこのスタジオでどんな撮影をすればいいのか』が見えてくると思います。
み~んな、そういう面倒くさいことをすっ飛ばしていきなりスタジオ選びをしようとするから失敗するんだよ・・・

ポートフォリオ

お判りかな・・・♪

うちのスタジオ利用者・・・実は・・・

男性のお客さんが意外と多いんです・・・笑
割合でいうと、半々です。
意外と多いでしょ!?

いつもblogに掲載されるのは女性モデルばかりだし、話も・・・
私もどちらかと言うと、女性のお客さんを意識していたつもりなんだけど、意外と男性客が集まっちゃうんだよね・・・

まあ、理由は値段の安さに尽きるんだろうけど・・・笑

男性のお客さんへの注意点としては、どうでもいいような格好で来てそのまま撮影していく・・・
どうでもいい恰好じゃぁ、どうでもいい写真しか撮れないよ!? ホント・・・
ヨレヨレのシャツに無精ひげ生やしてさ・・・笑
で、だいたい外履きしか用意してこない・・・(ピンクの便所スリッパで何十人撮影したことか・・・笑)

まあ、ちょっと身だしなみ気を付けた方が良いというのと、あと男性はあまりスリムのジーンズ履かない方が良い・・・
自分たちが思っている程、恰好良くないから・・・ちび・短足・顔デカ!!
特に若い人には、上下のバランスの悪い子が多いの・・・

体を普段から鍛えてるとかそういうことではなく、単純にバランスが悪いの・・・だからそれを補うようなトータルコーディネートをした方が良い。

分かったかな?男性諸君・・・♪

宣材写真

撮影スタジオの選び方

撮影スタジオの選び方

撮影スタジオの選び方
今回は、宣材写真を撮影する上での、スタジオの選び方をご紹介いたします。

まず、みなさんが何を基準にスタジオを選ぶか。

■撮影料金
■スタジオの立地条件
■スタジオやカメラマンの知名度
■口コミ・評判
■サンプル

まあ、だいたい皆さんがスタジオを選ぶ判断基準にしているのはこれらに該当するのではないかと思われます。

■撮影料金
まあ、これが8割9割じゃないでしょうか・・・

良く『相場はどれくらい?』なんて話を聞きます・・・
写真撮影がまだフィルムだったころなら、宣材写真の相場はだいたい30,000~50,000円というのがどこのスタジオ行っても相場でした。
昔は分業、つまり多くのスタッフの手を介してできるものだったので、それくらいは当然と思われていましたが、今はカメラマン一人でも可能な時代になったので、例えば弊社のような金額(4,000円税別)で撮影することも可能なわけです。
それに宣材写真なんて撮影をできるスタジオやカメラマンが非常に少なかったというのもあります。

料金で判断する際に気を付けるのが、【サービス内容】です。
どんなに安くても、自分が思った通りの写真が出来上がらないのであれば、それは安物買いの銭失いになってしまいます。

・メイクの有無
・衣装チェンジは可能か?
・撮影セットの選択肢(バックペーパーの色とか・・・)
・撮影時間
・カット数の制限
・もらえるデータ枚数・メディアの種類
・加工・修正の有無

だいたい、こんなところを注意してスタジオを選べばよいのではないでしょうか?
いまどき、宣材写真撮影をするスタジオであればネットで検索したときに、これくらいのことはホームページで案内が出ていると思います。

■スタジオの立地条件
これは、渋谷・原宿・表参道・新宿・池袋と言った地域で選ぶ方が多いようです。

都内は特にスタジオと言ったらそうした場所にスタジオが集中しているからというのもあるのでしょうが、スタジオが学校帰りや仕事帰りなど通勤通学の途中にあるとか、電車やバスで乗り換えナシとか、自転車や徒歩でいける便利さなどもネットでの検索キーワードをちょっと変えてみるだけで、意外と自分にとって便利なスタジオが見つかるかもしれませんよ?
例えば、googleマップを使ってスタジオを探すとか・・・♪

■スタジオやカメラマンの知名度
一口に知名度と言っても、良くも悪くも知名度なんですがね・・・笑

この場合の注意点は、本当にそのカメラマンが撮影してくれるのか・・・ということでしょうか・・・
実際には、名前だけのスタジオオーナーというのもいて、撮影の時はアルバイトスタッフだったりします・・・笑

あと、ホームページに飾られているスタジオ風景などは見せ方の上手いカメラマンなどの手によってきれいに彩られたりします。
実際に行ってみて『こんななの?』みたいなことは往々にしてあるので、ガッカリしないでください・・・笑

例えば、弊社みたいなスタジオでも

撮影スタジオの選び方

こんな写真が撮れてしまうのですから・・・笑

撮影スタジオの選び方

■口コミ・評判
少なくともネット上の口コミ・評判はあてにならないですね・・・

ネット上の情報はいくらでも操作ができてしまうし、googleの検索順位でさえ、お金を出せばSEO業者に依頼して順位を上げたり、サクラを雇って口コミを増やしたりできるのですから・・・
実際調査を依頼して、上位表示のスタジオに対してSEO対策の状態を調べてもらったことがありますが、ほとんどのスタジオがSEO対策業者の手が加わっている・・・という調査結果が出ました。
そしてその手口もすでに明らかになっていて、今年は順位が大きく変動する年ではないかとも言われています。

ある事務所などでは、ああいうスタジオは使ってはいけない。
というお触れまで出ているらしいです。

口コミや評判と言ったものは実際に自分自身が体験してみないとわからないことです。なので、『全然違うじゃん!』みたいなことがあっても自己責任になってしまうのです。
たとえ全員が同じことを書いていたとしても、実は全員がサクラだったりします・・・怖いですよ?本当に・・・

弊社に来店するお客さんに、意識調査をしたところ、大半の人が、『自分がどこのスタジオで宣材写真を撮っているかなんてあんまり教えたくない』と言ってました。
blogのネタに書く人はいますが、場合によってはお金をもらっているかもしれませんし、無料で撮ってもらっているのかもしれません。
弊社の場合、お金を払って撮りに来ているお客さんの中で、弊社で宣材写真撮りました!みたいな人、見たことも聞いたこともないですから・・・

余談ですが、グルメ取材などで色んな飲食店にお邪魔する機会があるのですが、ことあるごとに、『食べログなどの評価を、サクラを使ってあげてやるから金を出せ・・・』みたいな業者から毎日営業の電話がかかってくるんだって話を耳にします。

■サンプル
サンプルねエ・・・笑
だって加工できるじゃん・・・笑

撮影スタジオの選び方

以上が『撮影スタジオ選びの判断基準について』ですが、いかがでしたか?
今回も参考になりましたか?
実は、これだけ一生懸命書いて、読んでもらいましたが、宣材写真の出来には全く関係ありません!!((´∀`))ケラケラ

だって、『撮影料金』があなたの宣材写真の出来を決めないですもん・・・
『スタジオの立地条件』があなたの宣材写真の出来を決めないですもん・・・
『スタジオやカメラマンの知名度』があなたの宣材写真の出来を決めないですもん・・・
『口コミ・評判』があなたの宣材写真の出来を決めないですもん・・・
『サンプル』と同じようにあなたが撮れるとは限らないですもん・・・

つまり、こんなものを判断基準にして宣材写真を撮っているあなたたちは、
『安いからこのスタジオ』
『近くて便利だからこのスタジオ』
『スタジオやカメラマンが有名だからこのスタジオ』
『評判が良いからこのスタジオ』
『サンプルが気に入ったからこのスタジオ』
なわけです・・・

でも本当にそうですか?
宣材写真を撮るスタジオってそんなことで選んでいいんですか?
『気に入らないけど安いから・・・』
『気に入らないけど近くて便利だから・・・』
『気に入らないけど有名なスタジオやカメラマンだから・・・』
『気に入らないけど評判がいいから・・・』
『ぶーな写真だけど、カメラマンはサンプル通りに撮ったと言ってるから・・・』

つまり、宣材写真を撮る上でのスタジオ選びの判断基準がそもそも、そこじゃない・・・ということなんです。
もちろん、それでもいいんです。
『とにかく安けりゃ出来は、2の次3の次で良いの・・・』
『とにかく近くて便利なら、出来は2の次3の次で良いの・・・』
『とにかく有名なスタジオやカメラマンで撮りたかった・・・』
『とにかく評判・口コミが第一・・・みんなの話を信じるわ・・・』
とにかくサンプル写真に惚れたわ・・・』
それでもいいんです・・・良いんですが・・・

じゃあ、みなさんはどうですか?
そうじゃない人もいますよね・・・
では、それはいったいなんだ?ということなんですが・・・
続きはスタジオで・・・笑
まあ、言ったところで他所じゃマネできないだろうしね・・・
ただ、SEO対策業者が上手いライター使ってうちの文章を使ってリライトしてるのが気に入らねえから、教えてやらねえ・・・笑

撮影スタジオの選び方

スタジオ選びで重要なもの。。。じゃあそれはいったいなんだ・・・という方はぜひメディアサービス

他のスタジオを探す

宣材写真を白バックで白い服を撮影するのはNGか?

宣材写真を白バックで白い服を撮影するのはNGか?

宣材写真を白バックで白い服を撮影するのはNGか?
結論先に言っちゃうと、そんなこと言ってるのはカメラマンが下手クソなだけです・・・笑

宣材写真
宣材写真

宣材写真
宣材写真

宣材写真撮影において、白バックで白い服の撮影が必要であるか否か、宣材写真として向き不向きは置いといて・・・

宣材写真を白バックで白い服を撮影するのはNGか?
宣材写真
宣材写真を白バックで白い服を撮影するのはNGか?
宣材写真

確かに根気のいる撮影ではありますが、やってやれないことはないです。
ただ、やっぱり時間がかかる・・・
人物の身長やチョイスした洋服の形やポーズ・・・
それぞれだから、同じライティングで撮影ができない場合もある。
でも、宣材写真を撮影するスタジオのほとんどがライティングを変えないで一律で撮影をしようとするから、撮影する人物によって優劣が出てしまう。

撮影しようとする人物の身長が変われば照明の高さだって変わるし、ポーズや衣装の形によっては、照明の角度だって変わってくるはず・・・
と言うのは、わかってもらえるだろうか・・・

つまり、本当に腕に覚えのある・本当に実力のあるカメラマンであれば、背景や服装やメイクやライティングやロケーション・・・そして人物さえも選ぶことなく最適な撮影を実現できるという事・・・

宣材写真を白バックで白い服を撮影するのはNGか?
宣材写真を白バックで白い服を撮影するのはNGか?
宣材写真-白バック白い服
宣材写真-白バック白い服

そして、本当に優秀なカメラマンと言うのは、やる前からあきらめないという事・・・
ダメなら次・・・だめなら次・・・・だめなら次・・・クライアントからOKが出るまで勝手にやめたりはしない・・・という事・・・

いつも言うことだけど、あなたにとっての宣材写真とは何ですか?
・カメラマンの腕を見せるものですか?
・スタイリストやメイクの腕を見せるものですか?
・撮影したスタジオを紹介するものですか?
・自分を見せるためのものですか?

いつも言うことですが、あなたにとって宣材写真を撮影する上で一番大事なことって何ですか?
・料金の安さですか?
・スタジオの遠い近いですか?
・スタジオの設備ですか?
・有名無名ですか?
・メイクをしてもらえるかどうかですか?
・あなたが思い描いた写真が撮れることですか?

まあ、人それぞれです・・・おおいに悩んでください・・・♪
いつか、それが芸の糧になることでしょう・・・

宣材写真の前にちょっと一息・・・スナップ撮影でもいかがですか?

弊社が考える宣材写真とは・・・

弊社が考える宣材写真とは・・・

全てが宣材写真になりうる・・・
ということ。
一般的に宣材写真とはWikipediaで言われているような、


宣材写真(せんざいしゃしん)は宣伝材料用写真(せんでんざいりょうようしゃしん)の略称である。
所属する芸能人等を売り出すために芸能事務所がクライアント向けに撮影する写真で、通常同じ服装でさまざまなポーズを撮影したものが複数カット用意される。芸能事務所がクライアントより仕事の依頼を受ける際や、芸能事務所自身による芸能人を売り出すための営業活動に使われる。

芸能事務所による売り出しの方向性が反映される点で、オーディションの際に参加者が履歴書とともに芸能事務所に提出する写真とは異なる。


とされているようですが、
宣材写真とはそもそも、宣伝材料の写真であるため、例えば広告に使われる写真や物撮りなども宣材写真であるということが言えるのです。
現に、物撮りした写真を宣材って言い方をするカメラマンはたくさんいます。

つまり、Wikipediaでは、宣材写真とオーディション写真は異なるものと説明していますが、オーディション写真も人の目に触れて知ってもらう事が目的の写真ということであれば、宣材写真であることは間違いなく、


異なるものではなく、宣材写真にも色々な種類がある中の一つである


ということが言えるのです。

これが、弊社の宣材写真とオーディション写真における考え方です。
他のスタジオでは、宣材写真とオーディション写真の違いを力説しているところがたくさんあるんですが、やっぱりWikipediaの影響なんでしょうか・・・

とは言え、宣材写真をどう捉えるかは人それぞれなので構いません。
みなさんが、宣材写真を撮るにあたって重要なのは、

一、何を
一、どう撮りたいのか(魅せたいのか)
一、それをどう使いたいか
一、そのために自分は何をどうすれば良いか

が問題なのです。
『綺麗に撮ってほしい』とか『かわいく撮ってほしい』とか、論点はそんなところじゃないんです。
綺麗とか可愛いなんてのは、皆さん自身がそうなってくれればいいだけの話で、カメラマンやスタジオに相談することではないです・・・笑

宣材写真
宣材写真

服装-ワンピース

宣材写真の服装 ワンピース

宣材写真_ワンピース
宣材写真_ワンピース
宣材写真_ワンピース

実は、洋服選びをする際に切っても切れないのが、ライティングやポーズなんです。
上の3枚の写真はどれも同じライティングで撮影をしています。
カメラの設定も変えていません。
違いは、撮影するカメラの角度(上から撮るか、下から撮るか)とレフ板の当て方です。

洋服選びの際に、どんな服にするか・・・ワンピースにするか、どんなワンピースにするかも大事ですが、それを着てカメラの前でどうするかも考えないといけないという事です。

自分らしい宣材写真を撮りたいのであれば・・・

1から10までカメラマンやスタジオ任せにするのではなく、まずは自分がどうしたいかを先に伝えること。

これはプロフィール用であれ、オーディション用であれ同じこと。
間違っているかどうかとか、変じゃないかとかどうかと言うのは関係ない・・・
それこそが『自分らしさ』の根底であり、
そもそも宣材写真に『こうしなければいけない』と言うルールは無い・・・
もし仮に、そうしたルールがあったところで、所詮は書類選考を突破したもの勝ちなのである・・・
まずは宣材写真を撮影するにあたり、

自分の意見をハッキリ伝える・・・

と言うのが大事なこと。
これをせずに何でもかんでもスタジオ任せにするから、結局はそこに写っているのは、姿形が違うだけの他の人と同じ、単なる記録写真になってしまうのである・・・

たった一人のカメラマンに・・・スタジオに、自分の想いを伝えられずに、見ず知らずの赤の他人に、たった一枚の写真でいったい何を伝えるつもりなのか・・・

宣材写真をオーディション用の単なる証明写真くらいにしか考えていない輩が多い昨今・・・今が『自分らしさ』でライバルに差をつける絶好の機会でもあるという事・・・

もう一度言います。
まずは自分の意思をハッキリ伝えましょう。
それからカメラマンやスタジオのアドバイスを聞いても遅くはないはずです。
そして、受け入れられるものは受け入れ、受け入れられないものは受け入れない。
そうやって自分で考え選択し行動した結果が『自分らしさ』になるのです。

そしてその自分らしさが結果として、書類選考を通りオーディションに合格したり、色々な人の目に留まり、お仕事に繋がっていくのです。

皆さんの中には、『宣材写真』というものそのものについて考え方を見直さないといけないかもしれませんよ?

宣材写真

そんな『自分らしい』宣材写真が撮りたければ、ご用命はメディアサービスへ