集客のためのコンテンツではなく、お客のためのコンテンツである・・・

良くbolgを更新すると、色んな業者から連絡が来ます。

宣材写真

『御社のコンテンツを充実させて集客に役立てます』とか『SEO対策には外部リンクが効果的』とか・・・

要は、SEO対策をして、google検索で上位表示をすることで、より多くの人に見てもらい、ホームページまで誘導することが、集客である、と・・・

でもね・・・
うちは集客のためのコンテンツ作りなんてものにはさらさら興味ないの・・・
うちに撮影に来るお客さんのためのコンテンツ作りをしているの・・・それが結果として集客に繋がっているだけなの・・・
(我々にとっては、ホームページまで来てくれる人たちを集めることを集客とは呼ばない・・・お金に結びついて初めて集客と呼ぶ)

だって君たち・・・撮影の何を知ってるよ・・・
この業界の何を知ってるよ・・・
そんなことも知らない連中(ただのマーケティング屋だろ?)がただただgoogle対策のためだけに書くもんだから、見ていてへんてこな記事なんだけど、結果として上位表示され、そんなところに誘導されたお客が泣きを見る・・・

記事の内容を見れば、一件それらしいことを書いているけど、素人がどこかの記事をパクってきてそれをSEO対策用に都合よくカスタマイズした記事だというのがまるわかりなの・・・

良く、うちに来るお客に『なんでうち選んだの!?』って聞くと、『みんなおんなじことしか書いてない・・・』っていうんだよね・・・
そりゃそうだよ・・・SEO業者に依頼してホームページ作ってもらって、コンテンツの内容まで丸投げなんだから・・・

うちも書いていることは実はそんなに他と変わらない・・・
テーマとしては、撮影方法・服装・メイク・ポーズの取り方等々・・・
でもね・・・うちは自分の知識と経験をそのまま文章として反映させていて、実際に撮影をするもの・されるものにしかわからないことを記事として挙げているの・・・
だから他所にはまねができないオリジナルなの・・・
宣材写真撮影と言うものがどういうものか知らないライターじゃかけない記事なの・・・
だって、俺にしかわからないことのはずなんだから・・・笑

確かにSEO的に考えればgoogleのAIには決して優しくないかもしれない・・・でも、本当に宣材写真の撮影に行き詰った人たちからしてみれば、納得できる・賛同できる・その人の人隣が垣間見えるホームページであり、そういうスタジオ・カメラマンでなくてはならない・・・
だから他所で失敗した人たちが、これらのコンテンツを読んで、駆け込んでくるの・・・

俺たちカメラマンってのはさ、撮影してなんぼなわけよ・・・撮影の腕を買ってもらうわけよ・・・
でも今はさ、良いコンテンツを作り、良いホームページを作り、googleに上位表示されることが良いスタジオであり、集客につながるって考えられているのね?

その、良いコンテンツ・良いホームページってのも、誰にとってよ?
って話なの・・・

で、結果そのしわ寄せはお客がお金を支払うという形で全部被る・・・
googleが上位に表示するサイトは良いサイト=良いスタジオ・・・
だからお客にとって、思い通りの撮影ができないのは、スタジオやカメラマンの腕の問題ではなく、あなた自身の問題である・・・と・・・

まあ、一理あるんだけどね・・・?
(でもまあ、今回の話ではそれはちょっと置いといて・・・笑)
で、そうしたスタジオで泣きを見た人たちがうちを選ぶ理由第一位が・・・
自分のことを撮影してくれるカメラマンがどういう人なのか・・・
と言う、カメラマンの人隣りに焦点を当ててくるの・・・

最初は、『宣材写真』や『宣材写真 料金・値段・相場・金額や地域』・・・で漠然と検索していた人たちも、何度も失敗すると、次に『宣材写真 〇〇〇』の〇の部分が変わってくるの・・・もちろん数は多くないけど、そこでうちを見つけてコンテンツを読んで・・・撮影依頼をしてくる人たちは『書いてる内容を読んで、難しいことはわからないけど、この人なら頼りにできる』らしいぞ!?

だってさ、そう思われないようなスタジオ・カメラマンでないのであれば、駅の証明写真でいいじゃん・・・友達に頼んでスマホで撮ってもらったっていいじゃん・・・って話でしょ!?

じゃあ、改めて言うね?
スタジオやカメラマン選びは、サンプルでもなく、ホームページのコンテンツでもなく、値段の安い高いでもなく、近くて便利だから・・・でもなく、カメラマンやスタジオが有名無名だからではなく、立派な門構えだからとかではなく、他人の評価なんかでもなく、ちゃんと自分の目で耳で体感して選びなさい・・・

あれ?なんか俺おかしなこと言ってる?

宣材写真

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター募集
宣材写真撮影モニター募集
宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター募集
現在、メディアサービススタジオでは、宣材写真撮影のモニターを募集しています。

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニターとは?

宣材写真撮影をさせていただいた撮影データを、メディアサービススタジオのホームページ宣伝のための広告素材として、またblog記事の素材として画像データを提供・使用させていただく。
宣材写真撮影でかかる料金を、弊社が撮影データを全て買い取る形で、撮影料金が一切かからないサービスです。
もちろん撮影したデータは全てお持ち帰りいただき、一切の制限なくご利用いただくことが可能です。


宣材写真撮影モニター撮影について

撮影実施日は土日・祝日限定です。
撮影内容は、ご自身で用意した洋服一点と、こちらで用意した洋服の撮影となります。
撮影終了後は肖像権使用承諾書にサインをしていただくことと、顔写真付き身分証明書のコピー1点が必要となります。
所要時間は、説明や打ち合わせなどを含め3~4時間程度をお考え下さい。
具体的な撮影日時や詳細についてはメールにてお問い合わせください。
お1人様一回限りのサービスです。


宣材写真撮影モニター撮影の条件について

20歳未満の方の撮影について
20歳未満の方は保護者の同意が必要です。
こちらで肖像権使用承諾書のPDFをダウンロードし、承諾書の保護者欄に保護者の方が直筆で署名をした承諾書を撮影日当日に必ず持参してください。
直筆ではないもの、署名がないものは無効とし撮影は行いません。

18歳未満の撮影には必ず保護者の同伴が必要になります。
保護者の同伴がない場合は、撮影を行いません。

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター申込

※18歳未満の撮影には保護者の同伴が必要になります。
※20歳未満の撮影には保護者の同意が必要になります。
※女性限定のサービスです。
※申込内容に虚偽の申告があった場合は撮影を中止します。
※モデルに偏りが出ないため、応募者全員を撮影するわけではありません。


宣材写真 モニター

必見!1年間撮り放題サービスの賢い使い方

◼️宣材写真撮影の他のスタジオをもっと良く探す

スタジオカメラマンの本音・・・♪

スタジオカメラマンの本音・・・♪

Coming out!

宣材写真
宣材写真

普段から『宣材写真のスタジオは値段で選ぶな!』と言っていますが、実は値段で選んで来るお客さんの方が気楽です・・・笑

理由は、お値段の安さ・・・以外のことを求められないからです・・・
一見さんのほとんどは、うちのスタジオに来るにあたって、それ以外のことを求めてはきません・・・

こちらも商売なので、相手を見てどう対応するかは決めています。

どこへ行っても思ったように撮れず、藁にも縋る想いでやってくるもの・・・
宣材写真はとにかく安いに越したことはなく、カメラマンの腕なんかそんなに気にしないもの・・・
とにかく近いから・・・

当然、みなさんがどういう想いでうちを選ぶかは自由です。
私にとって良い宣材写真と言うのは・・・


■オーディションに合格する写真

■万人に受け入れられる写真

等ではなく、お金を出してくれるあなたが納得する写真・・・


なんです・・・
だから、料金の安さで選んで来るお客さんって楽なんです・・・♪

だって、料金の安さだけで満足して、写真の出来なんて気にしないで帰ってくれるから・・・♪

宣材写真

8/5日曜日のスタジオ空き状況

空っぽです・・・笑
ぜひ、この機会に宣材写真の撮影にご来店ください。

宣材写真

宣材写真

まあ、予約を取らないので当たり前なんですけどね・・・笑( ^ω^)・・・
ただ、最近は日曜日でも、『思うような時間帯に入りたいから・・・』と言う理由でお問い合わせや相談を受けることもあるし、当日になったらあっという間に埋まってしまうこともあったりするので、お早めにお電話いただけると助かります。

宣材写真

サービス内容の下記のとおりです・・・♪

宣材写真撮影基本パッケージ料金4,000円(税別)
◆バックペーパーは白のみ
◆ヘアーメイク等は自前
◆衣装は自前1着のみ、2着目以降は1着ごとに1,000円(税別)プラス
◆データは加工・修正なしで撮影後すべてCDにて手渡し

オプション料金はこちら

撮影前の注意事項
スタジオへお越しになる前にメイクは済ませておき、手直し程度ですぐに撮影に入れるようにしておいていただくと、スムーズに撮影ができ、より良く多くの撮影がこなせます。決して、メイクや着替えが全然出来ないということではありません。

*外履き厳禁です。外履きでの撮影は別途4,320円いただきます。(ペーパーが一回でダメになるので・・・)

相変わらず多い、満足できない宣材写真撮影・・・

うちに来るお客さんと言うのは、他のスタジオで撮影した写真に満足していない人がものすごく多いです。

話しを聞くと理由は簡単で、スタジオやカメラマンと上手く意思の疎通が図れていないように思われます。
まるで証明写真のように流れ作業で撮影が進んで終わり・・・

これでは、自分が意図した宣材写真と言う作品が出来ようはずがありません。
まずは相手に自分の意思をキチンと伝えて撮影に臨むことをお勧めします。
それが出来ないようなカメラマンやスタジオであるならば、時にはカメラマンやスタジオを変える必要もあるかと思います。

我々もプロですが、言葉にしなければ伝わらないこともあるのです・・・

宣材写真

ちゃんと自分と向き合った写真を撮りたいと願うなら・・・

宣材写真撮影をするにあたってカメラマンやスタジオに求めるもの

宣材写真撮影スタジオ『メディアサービス』へようこそ・・♪

早速ですが、みなさんは宣材写真を撮影する際にカメラマンやスタジオに何を求めますか?

・料金の安さですか?
・利便性ですか?
・スタジオやカメラマンのネームバリューですか?
・スタイリストが付くことですか?
・立派な機材やセットですか?
・カメラマンの腕ですか?

何を求めてスタジオやカメラマン選びをしてもかまわないと思います。
それは皆さんの自由です・・・

が、しかし、何を求めて宣材写真を撮るのかはシッカリ考えておきましょう・・・
それをしないから失敗するのです・・・

宣材写真

それさえしっかりしていれば、あとはおのずとどうすれば良いか見えてくるものです。

宣材写真

大体、失敗する人の大半は『料金』や『利便性』で選ぶ人たちです。
こういう人たちは、弊社スタジオに来ても同じです。
『失敗した~!!』って顔してます・・・笑

小さなお子さんを撮影に来る保護者の方へ

小さなお子さんを撮影に来る保護者の方へ

先日こんなことがありました。
まだ、小学校に入るか入らないかのお子さんの撮影を依頼されたのですが、お母さんがやたら『顎を引きなさい』『笑って・・・』と話しかけるのです・・・

これ・・・うちのスタジオでは、絶対NGです。

また、『自由に動いて良いしダンスをやってるなら踊ってもいいよ?』と言うことに対し、『髪型が崩れるから・・・』とあまり動かないように・・・とのことでした。

この時点で、『ああ、この人、うちのスタジオブログ読んでないな・・・』と思ったので、あとはもう保護者の言う通り撮影して終わりにしました・・・
無理やりやらされてる感満載のなんとも悲壮感漂う写真なんですが、そんな中にも何枚か使えそうな写真があり、保護者も満足していたのですが・・・

まず、撮影中にお子さんに声をかけるのは、すごく良いことです。
撮影に意識が集中せず、気がまぎれるからです。
そのための声掛けは大いに結構・・・
ですが、撮影のために『〇〇しなさい』『ああして、こうして・・・』は絶対NGです。
かえって子供を緊張させ動きにくくさせるだけです。

話しかけるのであれば、撮影とは関係ない話・・・例えば、学校であった楽しかったこと・面白かったこと等・・・お子さんが楽しくて、面白くて、思わず自分から色々話をしたくなるようなことを上手に聞いてあげる・・・
話をしてあげましょう・・・
撮影中、話をしていてもかまわないのです。カメラを見ていなくても良いのです。
それが本当に最高の出来であれば、それこそが宣材写真なのです。

宣材写真

最近はブログで色々書くとすぐに反応があり、申し込みが増え、ありがたいことではあるのですが、その反面、『近いから』『安いから』だけで来店される利用者も増えています。

お金を出すのはお客さんなんですから構わないのですが、スタジオブログをよく読んで、納得してからお申込をされた方が良いと思いますよ?

脚を美しく見せるために・・・

脚を美しく見せるために-宣材写真

脚を美しく見せるために・・・

ヒールのある靴を履く・・・は都市伝説・・・♪
本当に脚が綺麗な人は、便所のスリッパ履かせても綺麗なものは綺麗ですから・・・笑

それに普段履き慣れないモノを履いて撮影に臨むので、へっぴり腰で見てられないです・・・
立ち姿勢すらまともに維持出来ない人がほとんどで、フラフラしています。
身の丈に合ったものを選び、危険なのでやめましょう・・・

宣材写真と言うのは、決して背伸びをした自分を見せるものではありません。
あるがままの自分を魅せることで、そこを『使ってくれる人はいませんか?』とお披露目をするためのものです。

オーディションなどを受けるにあたって、多くの人が勘違いしているのですが、オーディションと言うのは、それを受ける人たちのためのものではありません。
オーディションを主催する側が、必要とする人材を探す場所であるという事です。

隠したり、ごまかしたりしなければ、選考に残れないようであれば、はなっから勝算はないので無駄なことは辞めておいた方が、時間とお金と労力を無駄に使わずに済むと思います。
そんな小手先のテクニックでごまかせる相手ではありませんから・・・本来・・・

前置きが長くなりましたが・・・

それでも、ヒールのある靴を履いて撮影に臨みたい方へ・・・

まず、無理をせず、あまりヒールの高くないものを選びましょう。
普段それで歩いていても普通に歩けるものを・・・

で、ミュールやサンダルよりも脚をしっかりホールドしたパンプスタイプを選びましょう。
その方が、立ったり歩いたりするときに安定感があります。

ストーム高(つま先部分)は無し、あっても1cmくらいまでに・・・
あった方がクッションになって立っているとき疲れにくいというのとなぜか足元が安定するらしのですが、あまり高すぎると全身写真の時に必要以上に身長が高く見えてしまうので・・・

脚を美しく見せるために-宣材写真

いかがでしょう・・・
宣材写真撮影に臨むにあたっての履物への注意点です。
ただバカの一つ覚えみたいに『脚を綺麗に見せるためにハイヒールを履け・・・』なんて言ってるところより、よっぽど説得力があったのではないでしょうか・・・

もちろん、最後はみなさん自身の判断です・・・

あなたの魅力引き出します?

出来ない出来ない・・・
俺には出来ないねぇ・・・笑

だって、初対面のあなたの魅力が何なのか知らないもん・・・♪

それに、あなたの魅力ってヘアメイクで引き出せるものなんですか?
それって、カメラマンの腕で引き出せるものなんですか?
もしそうであるならば、それは『あなたの魅力』ではなく、ヘアメイクで引き出された魅力・カメラマンに引き出された魅力・・・であって、あなた自身の魅力でも何でもないですよね?

それに魅力なんてものは、人それぞれ持っているものが違うわけですから、ヘアメイクやカメラマンの腕ではどうしようもないものもあるんですよ・・・

自分の魅力が何なのか・・・は他人が決めることではなく、自分が決めることなんです。

宣材写真

宣材写真を撮るにあたって必要なのは・・・

自分力です・・・

宣材写真を撮るにあたって、『必要なのはカメラマンの腕です』
って他のサイトで見るんですが・・・
宣材写真を撮ってる私が言うのも何なんですが、カメラマンの腕なんて大して求められてません・・・笑

誰が撮っても、良いものが撮れるものは撮れるし、撮れないものは撮れないんです。

宣材写真

だって、現に私が撮った宣材写真でたくさんの人たちがオーディションに合格したり、そうかと思えば、スマホで撮った写真で合格する人もいたりするわけですから・・・笑

これからは、宣材写真はスタジオでお金を払って撮る時代じゃないのかもしれませんね・・・
ホントにスマホのクォリティー高いです・・・笑

宣材写真

話を元に戻して、宣材写真を撮るのであれば、まず『どこのスタジオで撮ろう』ではなく、まず自分がどうしなきゃいけないのか・・・
を考えないといけないのですよ・・・

そうすればきっと、『どこのスタジオでどんな撮影をすればいいのか』が見えてくると思います。
み~んな、そういう面倒くさいことをすっ飛ばしていきなりスタジオ選びをしようとするから失敗するんだよ・・・

ポートフォリオ

お判りかな・・・♪