宣材写真-メイクアップの注意点

宣材写真 メイクの注意点

宣材写真-メイクアップの注意点

宣材写真-メイクの注意点
これは宣材写真の撮影に限ったことではないですが、メイクアップをする際にファンデーションが肌の色に対して必要以上に明るい場合があります。

宣材写真-メイクの注意点
宣材写真-メイクの注意点

胸元や肌の露出が大きい洋服で撮影する場合、ファンデーションの明るさを間違えると、ご覧のようになってしまいます。

特に、宣材写真撮影の大半は室内でストロボを使った撮影が多いと思います。
ライティングを駆使するにも限度はあります。
撮影時には明るさの違うファンデーションを2種類くらいは用意し必ずカメラテストで色・明るさを確認しましょう。。。
もちろん、メイクアップアーティストが入ってメイクアップをしてくれる場合は別ですが、撮影に慣れていないメイクアップアーティストに当たると同じようなことが多々起こります。

人間の目が捉える色・明るさとカメラが捉える色・明るさと言うのは必ずしも同一ではありません。

自分では丁度良いと思えても実際撮影をしてみると明らかに違って見えることもあります。
つまり、撮影の環境に合わせたメイクアップをする必要があるということです。

そのため、場合によっては左右にそれぞれ違ったメイクアップを施すこともあったりするそうです。

もっとも、本来宣材写真はそこまで気にしなきゃいけないほどのメイクアップは必要ないと思うのですが・・・

宣材写真撮影スタジオメディアサービス

宣材写真
宣材写真

━外部リンク━
遊び心のある写真を撮りたいのであれば、まずはこんなことから始めてみては?
江東区住吉近辺でメイクアップアーティスト・スタイリストの募集

宣材写真 – 全身とバストアップではライティングやメイクアップを変えて撮影してますか?

宣材写真 - 全身とバストアップではライティングやメイクを変えて撮影してますか?001

宣材写真 – 全身とバストアップではライティングやメイクアップを変えて撮影してますか?

宣材写真 – 全身とバストアップではライティングやメイクアップを変えて撮影してますか?
みなさんが撮影に行っているスタジオやカメラマンは全身写真・バストアップ写真ごとにライティングやメイクアップをちゃんと変えて撮影してくれていますか?

宣材写真 - 全身とバストアップではライティングやメイクを変えて撮影してますか?002
宣材写真

もしちゃんと変えてくれているということであれば、まあまあ及第点のスタジオやカメラマンだと思います。
TPOではありますが、弊社では全身とバストアップと言う基本的な宣材写真撮影でもご覧のようにライティングを変えて撮影を行います。
これ・・・カメラマンでも意外と知らない人多いんですよね・・・笑

宣材写真 - 全身とバストアップではライティングやメイクを変えて撮影してますか?003
全身撮影 – 引きで被写体までの距離は4mくらい
宣材写真 - 全身とバストアップではライティングやメイクを変えて撮影してますか?004
バストアップ撮影 – 寄りで被写体までの距離は1mくらい

ライティングが変わればメイクアップも変わる

これも意外と知らない人多いんですけど・・・
ライティングが変われば、メイクアップも当然変わりますので、それらをちゃんと行ってくれるスタジオを探すことをお勧めします。

広いスタジオだと、全身・バストアップ用それぞれの撮影に合わせたスペースを用意しているところもあります。
この場合、気を付けたいのが、すでにそれぞれの撮影用にライティングがされているため、照明を動かす必要がないという事。

つまり、プロのカメラマンではなくても、カメラの設定さえ変にいじらなければ、誰がとっても同じような写真が撮れるという事。
一定のクォリティーを保つという点ではありがたいことですが、イレギュラーな対応が出来ないカメラマンの場合などは、本来、宣材写真と言うのは一人一人をちゃんと見て撮らなければいけないという点において、全てがイレギュラーである・・・という事を考えると、可もなく不可もない、証明写真のような宣材写真が出来てしまうのかもしれません。

宣材写真撮影はメディアサービス
ちょっと待った!!高いお金を出して宣材写真撮る前に、まずはスナップで撮影練習してみては?
江東区住吉近辺でメイクアップアーティスト・スタイリストの募集