撮り方・撮られ方・コツ

宣材写真

そんなものないんですよ?
あったら、私がとっくにやってますし、私今頃アイドルになってますよ・・・爆笑

宣材写真

例えば・・・

印象を良く見せるために笑顔で・・・

そう・・・ここまでは考え方や言ってることは間違いではない・・・
でも、その笑顔を見せるために『笑顔を作る』ことをほとんどの所が推奨し、笑顔の作り方・・・を一生懸命力説している。

本来、笑顔とは作るものではありません・・・
感情(楽しい・面白い・うれしいなど)と言う、気持ち・想いが、顔と言う人間の体を突き動かしれてしまうもの・・・それが笑顔と呼ばれるものです。
つまり、作った笑顔はどこまでも『作った笑顔』であり、『笑顔』ではないと言う事なのです。

そして、だいたいスタジオ行くと、やれ表情筋を使えだの・・・口角を上げろだの・・・目を開け・・・だの言いますが、みなさん、普段そんなの意識して笑ってますか?
しませんよね?

テレビ見て、面白い番組みて『あっ!今面白いところだ!笑わなきゃ!笑顔にならなきゃ!まずは目をしっかり見開いて、表情筋を使って口角を上げて・・・』ってやってますか?
そんなことしませんよね?
でも、ちゃんと笑顔になってるでしょ?笑えてるでしょ?バカ面さらして大笑い出来てるでしょ?

そもそも、宣材写真が必要な人たちと言うのは、日ごろから意識して笑顔を作る・・・なんてことをしたことがない人たちが大半なのです。
そんな人たちに、表情筋を使って口角を上げて笑うなんて、言ってすぐ出来るようなことではないのです。
(大体みんな『口角上げて』っていうと、口が真一文字になってますから・・・笑 自分で鏡の前で試してみな?)
そうやって、普段やらないことをやらされるから結果として、笑顔でもなく、作った笑顔にすらならず、単に”目を見開いて口角を上げた顔”と言う、不気味な表情が出来上がってしまうのです。

それと、表情筋なんて、そんな簡単に自由自在に使いこなせるようなシロモンじゃありません・・・
(鏡の前で、自分の顔使ってみて良くわかったでしょ?)
素人相手にアドバイスするなら、もうちょっとマシなアドバイスしろよ・・・

前出のように、表情筋を使って笑う、なんてことをしなくても、みんな普段から笑えてるわけです・・・なのにそこへ『表情筋の使い方』なんて小難しいこと言って、ことさらに難しくしてしまっているというのが事の真相です・・・

表情筋を使って笑う事を意識する・・・こんなことは言われてすぐにできるようなことではないので、普段からできていない人がカメラの前でだけ、そんなことできませんから、宣材写真の撮影だからと言って、無理に表情筋を使って笑おうとする必要はありません。

宣材写真を撮るにあたって、笑顔になれない一番の理由は、現場の空気が悪いのかどうかは知りませんが、その撮影そのものが面白くないからなんです・・・
面白ければ、楽しければ、うれしければ・・・勝手に笑顔になっているはずなんです・・・
だから私のスタジオでは『笑って・・・』なんて一度も言ったことはありません。
でもみなさん、カメラの前で良い笑顔をしてくれます。

  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真

どうですか?
みんな笑ってるでしょ?
満面の笑みを浮かべてるでしょ?
やらされてないでしょ?
作ってないでしょ?
確かに、それぞれの満面の笑顔では宣材写真としては使える代物ではないかもしれません・・・
でも、決して宣材写真としては目に見える形として現れることのない、そうした現場の空気が、楽しさが、面白さが・・・そうした宣材写真としての作品を作っているとしたら・・・

それでもみなさんは、一生懸命表情筋を使って口角上げて・・・笑顔を作りますか?

『表情筋を使って口角上げて・・・』なんて、いかにも胡散臭いモデルのレッスントレーナーとかが言いそうな言葉だよ・・・
まあ、それでも表情を作りたいと言う事であればこの辺あたりを参考にしてみて・・・
目は口ほどにモノを言う

宣材写真撮影のお申込は

宣材写真撮影で、みんなが一番困っているのは・・・

全身撮影の際のポーズやポージング・・・

まぁ~出来ないのはしょうがないのよ・・・
だっていままでやったことないんだから、わからないんだから・・・
でもだからと言って、自分から諦めてやらなさすぎ・・・

とは言え、そんなことを言っていても始まらないので、まずは『出来ることからやる!!』
を念頭に、色々試してみるしかない・・・

例えば・・・
彼女のポージングは一例・・・

宣材写真 ポージング
宣材写真 ポージング

どうだろう・・・・
彼女は、宣材写真と言う撮影は全くと言っていいほどの未経験。
今回こういったスタジオでの撮影は初めてだとか・・・

宣材写真 ポージング
宣材写真 ポージング

彼女はただカメラの前で歌を歌って踊っていただけ・・・
撮影をするというよりは、楽しんでいたという方が近い・・・
それをこちらが無作為にシャッターを切っただけ・・・

宣材写真 ポージング
宣材写真 ポージング

綺麗・可愛い・格好良い』を意識する人ほど、『綺麗・可愛い・格好良い』は出来ないものなの・・・
出来る人ってのは、無意識に出来るから結果として『綺麗・可愛い・格好良い』の・・・
結果は後からついてくる・・・ってそういう意味なの・・・

宣材写真 ポージング
宣材写真 ポージング

せめてうちに来るなら、『今日は綺麗に撮りたい』からカメラの前でどんなことをしよう♪
を考えてこないとダメ・・・

宣材写真 ポージング
宣材写真 ポージング

で・・・
一度カメラの前に立ったら考えない・・・
一心不乱にそれを楽しむのみ・・・
考えたら、人は動けなくなるから・・・

一生懸命やろうとするからできないの・・・
そもそも、こんなことは一生懸命やることじゃないから・・・♪
『カメラの前で思いっきりやってやろう』と言う勇気を持たないとダメだと思うよ?
そんな最初から『出来る』って自信をもって出来る人なんかそうそういないんだからさ・・・
失敗したからって、撮り直せばいいだけじゃん!?
なんかさ、『失敗したら恥ずかしい』みたいな人たち多いんだよね・・・
失敗して恥ずかしい思いするなら何もしない方が良い・・・って考えの人たちがこんな世界じゃ生きていけないと思うよ?

宣材写真 ポージング
宣材写真 ポージング

これは何百枚と撮ったうちの一枚です。
こちらが指定した通りに動いたものではなく、自分自身で勝手につけたポーズです・・・
たった1,2時間で撮影未経験でも、ここまで仕上げることが可能です。
ただし、本人の意識によるところがものすごく大きいので、だれでもこれができるわけではありません。

まあ、これまたいつも言う事ですが・・・
必ずしもこれが正解ではありませんから・・・
私には私の、皆さんには皆さんの正解があります。
これらを踏まえどう捉え判断するかは自分次第ですから・・・

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター募集
宣材写真撮影モニター募集
宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター募集
現在、メディアサービススタジオでは、宣材写真撮影のモニターを募集しています。

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニターとは?

宣材写真撮影をさせていただいた撮影データを、メディアサービススタジオのホームページ宣伝のための広告素材として、またblog記事の素材として画像データを提供・使用させていただく。
宣材写真撮影でかかる料金を、弊社が撮影データを全て買い取る形で、撮影料金が一切かからないサービスです。
もちろん撮影したデータは全てお持ち帰りいただき、一切の制限なくご利用いただくことが可能です。


宣材写真撮影モニター撮影について

撮影実施日は土日・祝日限定です。
撮影内容は、ご自身で用意した洋服一点と、こちらで用意した洋服の撮影となります。
撮影終了後は肖像権使用承諾書にサインをしていただくことと、顔写真付き身分証明書のコピー1点が必要となります。
所要時間は、説明や打ち合わせなどを含め3~4時間程度をお考え下さい。
具体的な撮影日時や詳細についてはメールにてお問い合わせください。
お1人様一回限りのサービスです。


宣材写真撮影モニター撮影の条件について

20歳未満の方の撮影について
20歳未満の方は保護者の同意が必要です。
こちらで肖像権使用承諾書のPDFをダウンロードし、承諾書の保護者欄に保護者の方が直筆で署名をした承諾書を撮影日当日に必ず持参してください。
直筆ではないもの、署名がないものは無効とし撮影は行いません。

18歳未満の撮影には必ず保護者の同伴が必要になります。
保護者の同伴がない場合は、撮影を行いません。

宣材写真撮影モニター募集

宣材写真撮影モニター申込

※18歳未満の撮影には保護者の同伴が必要になります。
※20歳未満の撮影には保護者の同意が必要になります。
※女性限定のサービスです。
※申込内容に虚偽の申告があった場合は撮影を中止します。
※モデルに偏りが出ないため、応募者全員を撮影するわけではありません。


宣材写真 モニター

必見!1年間撮り放題サービスの賢い使い方

◼️宣材写真撮影の他のスタジオをもっと良く探す

ポーズとポージング – 宣材写真撮影

ポーズとポージング – 宣材写真撮影

ポーズとポージング- 宣材写真
これはポーズ

ポーズとポージング
弊社スタジオでは、撮影の際にポーズとポージングと言うものがあり、それぞれ違うものであると説明をしています。

ポーズとは

ポーズと言うのは、一時停止のこと。
つまり、被写体が形を決めてカメラの前でじっとしている事。

ポーズとポージング - 宣材写真
これもポーズ

ポージングとは

被写体がカメラの前で動き回り、カメラがその動きの中から一瞬を切り撮り一時停止させること。

ポーズとポージング - 宣材写真
これもポーズ

カメラが止めるかモデルが止まるか・・・
撮影するにあたって、どちらが良い悪いと言った優劣は特になく、その時々で適した方法を選べばよいと思う。

ポーズとポージング - 宣材写真
これはポージング

カメラマンの立場とモデルの立場

ポーズとポージング、どちらで撮った方が良いかと言うことに優劣はないと書きましたが、カメラマンとモデルと言う立ち位置で考えた場合、どちらがやりやすいか・・・

カメラマンとしての立場

カメラマンとしての立場を考えれば、スタジオなどでストロボを使ったり、外ロケで自然光や定常光を使う場合などによっても違ってきます。

モデルの立場

一方モデルとして撮影される立場で考えるなら、例えば、白ホリの何もない空間で、同じポーズを撮り続けるのは苦痛ではないかと思います。ましてや、面白くもないのに笑顔を作るなんて至難の業です。
さりとて、絶え間なく動き続けるというのも、何をしてよいかわからずに、また難しい・・・

カメラの前で何ができるか?

要は、ここでみなさんに『何が出来るか』が決まってくるのです。
ポーズをするにしてもポージングをするにしても、皆さん自身の表現力とかスキル・経験と言うものが・・・
なので、いざ撮影が始まったらカメラの前で動けるか・・・ポーズをとれるか・・・
撮影が始まってから考えているようじゃ、遅いんです。

見ている人はちゃんと見ているということです。

モデル・役者・歌手・ダンサー・声優・・・
いづれにしても、『・・・だから・・・』と言うことはないのです。
撮影をすることが前もってわかっているのであれば、いつでも全力でいけるようにエンジン温めておかなきゃいけないと言う事・・・

オーディション用宣材写真撮影はメディアサービススタジオへ

カメラの前で何もできない・・・そんなあなたにはまずこちらがおすすめ・・・