撮影の際に良く聞かれる質問と私がみんなに良く言う事・・・

宣材写真

撮影の際に良く聞かれる質問

『どっちがいいですかね・・・』と聞かれます。
私の場合は、可能な限り『全部やっとけば?』と答えます。

例えば・・・
Q、『右と左どっちを前に出した方が良いですか?』
A、『両方撮っとけば?』

Q、『トップスはインした方が良いですか?』
A、『両方撮っとけば?』

Q、『髪は前に出した方が良いですか?後ろにした方が良いですか?片方だけ前にした方が良いですか?どちらかから一方から全部前に出した方が良いですか?』
A、『全部撮っとけば?』

Q、『リップは赤のが良いですか?ピンクの方が良いですか?』
A、『どっちも撮っとけば?』

つまり『宣材写真撮影パッケージサービス』と言う範囲の中に納まるのであれば、可能な限り全てを撮影しています。
そして撮影したデータは全てお渡ししているので、どれを何に使うかは自身で決めればよいのです。

うちの撮影はわんこそば

要は、依頼主が止めるまで、黙っているといつまでもシャッターが切られ続けるというルール・・・笑
でも、真面目な話です。
他所のスタジオで撮影して不満を持ってくる人の中には、明らかに不完全燃焼の人もいて、『もっと出来るのに・・・』『もっといろんな事がしたいのに・・・・』
『もっと・・・もっと・・・』
と言う希望を叶えた形が、うちのスタジオのわんこそばルールです。

最初の100枚はウォーミングアップ

って、みんなには言ってます。
最初はとにかく好きにやらせます。
所謂、オーディション向け(と言われている)のモデル立ちとかそんなのを・・・
こちらもいちいち細かいこと言いません。好きにポーズとらせます。
で、その100枚でダメ出ししながら、次に進みます。

笑って

うちで撮影をしたことがある人ならば、気づいている人もいると思いますが、
撮影中、決して『笑って』と笑顔を求めたりはしません。
『笑って』と言って笑顔を作ってもらったところで、本物の笑顔はそこにはないからです。
本物の笑顔と言うのは、『笑って』の一言で引き出せるほど簡単なものではありません。
そんなことはエンターテイメント・表現の世界にいる人たちなら、いやと言うほどわかっているはずです。

最後に・・・
弊社宣材写真撮影では、実に様々な撮影を行います。
使いたいか・使えるかは別にして、『こういうのも撮っておこう』と言って最近は良く撮影するものがあります。
それがこういう撮影です・・・

宣材写真
宣材写真
宣材写真
宣材写真

これらの写真は、モニターで協力してもらったモデルだから・・・と言う事ではなく、最近では宣材写真を撮りに来た方でも撮影しています。
もちろん、イメージとして合う合わないというのもあるし、希望しない人もいるとは思うので全員ではないですが、こういう撮影も追加料金なしで撮影しています。

うちで宣材写真を撮った人ならわかっていると思いますが、これは加工修正を一切加えていない、撮って出しの状態の物なのです。
特にダンスや音楽をやる人に大変好評な撮影です。

宣材写真 - 撮影の際に良く聞かれる質問と私がみんなに良く言う事・・・

これもうちのスタジオで撮影したものです・・・加工修正なしです
知ってる人なら、『良くあんな狭いスタジオでこんな写真が撮れたな・・・』と思うでしょう・・・♪

どうせうち来て撮影するなら、これくらいのことやっちゃってよ・・・

色んな宣材撮影がしたい!!と言う人はメディアサービスへ・・・

撮り方・撮られ方・コツ

宣材写真

撮り方・撮られ方・コツ

そんなものないんですよ?
あったら、私がとっくにやってますし、私今頃アイドルになってますよ・・・爆笑

宣材写真

例えば・・・

印象を良く見せるために笑顔で・・・

そう・・・ここまでは考え方や言ってることは間違いではない・・・
でも、その笑顔を見せるために『笑顔を作る』ことをほとんどの所が推奨し、笑顔の作り方・・・を一生懸命力説している。

本来、笑顔とは作るものではありません・・・
感情(楽しい・面白い・うれしいなど)と言う、気持ち・想いが、顔と言う人間の体を突き動かしれてしまうもの・・・それが笑顔と呼ばれるものです。
つまり、作った笑顔はどこまでも『作った笑顔』であり、『笑顔』ではないと言う事なのです。

そして、だいたいスタジオ行くと、やれ表情筋を使えだの・・・口角を上げろだの・・・目を開け・・・だの言いますが、みなさん、普段そんなの意識して笑ってますか?
しませんよね?

テレビ見て、面白い番組みて『あっ!今面白いところだ!笑わなきゃ!笑顔にならなきゃ!まずは目をしっかり見開いて、表情筋を使って口角を上げて・・・』ってやってますか?
そんなことしませんよね?
でも、ちゃんと笑顔になってるでしょ?笑えてるでしょ?バカ面さらして大笑い出来てるでしょ?

そもそも、宣材写真が必要な人たちと言うのは、日ごろから意識して笑顔を作る・・・なんてことをしたことがない人たちが大半なのです。
そんな人たちに、表情筋を使って口角を上げて笑うなんて、言ってすぐ出来るようなことではないのです。
(大体みんな『口角上げて』っていうと、口が真一文字になってますから・・・笑 自分で鏡の前で試してみな?)
そうやって、普段やらないことをやらされるから結果として、笑顔でもなく、作った笑顔にすらならず、単に”目を見開いて口角を上げた顔”と言う、不気味な表情が出来上がってしまうのです。

それと、表情筋なんて、そんな簡単に自由自在に使いこなせるようなシロモンじゃありません・・・
(鏡の前で、自分の顔使ってみて良くわかったでしょ?)
素人相手にアドバイスするなら、もうちょっとマシなアドバイスしろよ・・・

前出のように、表情筋を使って笑う、なんてことをしなくても、みんな普段から笑えてるわけです・・・なのにそこへ『表情筋の使い方』なんて小難しいこと言って、ことさらに難しくしてしまっているというのが事の真相です・・・

表情筋を使って笑う事を意識する・・・こんなことは言われてすぐにできるようなことではないので、普段からできていない人がカメラの前でだけ、そんなことできませんから、宣材写真の撮影だからと言って、無理に表情筋を使って笑おうとする必要はありません。

宣材写真を撮るにあたって、笑顔になれない一番の理由は、現場の空気が悪いのかどうかは知りませんが、その撮影そのものが面白くないからなんです・・・
面白ければ、楽しければ、うれしければ・・・勝手に笑顔になっているはずなんです・・・
だから私のスタジオでは『笑って・・・』なんて一度も言ったことはありません。
でもみなさん、カメラの前で良い笑顔をしてくれます。

  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真
  • 宣材写真

どうですか?
みんな笑ってるでしょ?
満面の笑みを浮かべてるでしょ?
やらされてないでしょ?
作ってないでしょ?
確かに、それぞれの満面の笑顔では宣材写真としては使える代物ではないかもしれません・・・
でも、決して宣材写真としては目に見える形として現れることのない、そうした現場の空気が、楽しさが、面白さが・・・そうした宣材写真としての作品を作っているとしたら・・・

それでもみなさんは、一生懸命表情筋を使って口角上げて・・・笑顔を作りますか?

『表情筋を使って口角上げて・・・』なんて、いかにも胡散臭いモデルのレッスントレーナーとかが言いそうな言葉だよ・・・
まあ、それでも表情を作りたいと言う事であればこの辺あたりを参考にしてみて・・・
目は口ほどにモノを言う

宣材写真撮影のお申込は

宣材写真を撮るならこんなスタジオがおすすめ !!

宣材写真を撮るならこんなスタジオがおすすめ !!

宣材写真を撮るならこんなスタジオがおすすめ !!
特に具体的なスタジオがあるわけじゃないんだけど、こんなスタジオやカメラマンだったら、オーディションに合格するかどうかは別としてお金を払って納得できる写真が撮れるんじゃないのかな・・・

宣材写真を撮るならこんなスタジオがおすすめ

コミュニケーションが上手いカメラマン

まあ、宣材写真に限らず、撮影はほぼ、これに尽きると言っても過言ではないんだけど・・・笑
別にね、撮影前に入念な打ち合わせ・・・なんてことをする必要はないけど、撮影中は、撮影のこと以外にも色々と話をしてコミュニケーションをとった方が良い。
撮影中に会話が弾むと、緊張して強張っていた表情も緩んできて、自然な笑顔で撮影ができるようになってくるからさ・・・♪

それに、良くいろんなスタジオで『あなたの個性を引き出します』『あなたの魅力を引き出します』とかって言ってるわけじゃん・・・
『何をもって、その人の個性や魅力を判断するの?』
『どうやって引き出すの?』
って、思わない?
だから、そういうのをうたい文句にしているスタジオというのは、コミュニケーション能力に長けたカメラマンを用意しているんだろうと思う。

宣材写真を撮るならこんなスタジオがおすすめ

コミュニケーションをとるということと、アドバイスをするということは違う

カメラマンやスタジオの中には、最初から『服装は・・・』『メイクは・・・』『腕はこういう風に・・・』『脚はこうして・・・』『こう言うポーズで・・・』
っていう人いますよね・・・
これでは、アドバイスにはなっていないし、コミュニケーションにはなっていないということです。

まず、コミュニケーションというのは、今回の撮影のこと以外でコミュニケーションをとらなければ、コミュニケーションにはならないのです。(別に撮影のことでも良いけどね・・・)
相手のアドバイスばかりに気を取られ必要以上に考えすぎて、心も体もガッチガチになってしまうことが多いのです。

アドバイスというものは、一から全てお膳立てすることをアドバイスとは言いません。あくまで本人の意思を尊重し、いくつかの選択肢を与え、そこから自分で考え行動させる。
そのためにまずは、好きなようにさせて、そこから『こうしたほうがいいんじゃないか』『ああした方がいいんじゃないか』という具合に、必ずビフォーアフターも比べさせてあげないと、最初からカメラマンやスタジオ側の正解と思っている考え方を押し付けてしまったら、それはアドバイスとは言いません。ただの押し付けです。

まずは、こんなところですが、いかがでしょう・・・
もちろん、それを自ら望む人もいます。なのでこれが正解とは言いません。
私には私の、みなさんにはみなさんの、正解があるので、どうとらえるかは、みなさんの自由です。

宣材写真

オーディション用宣材写真撮影はメディアサービススタジオへ
作品撮りなら