宣材写真撮影の料金相場

宣材写真撮影の料金相場

宣材写真撮影の料金相場
宣材写真撮影を希望する人たちの動向というのを探っていると、どうしてもみなさんが一番気になるのは、料金なのでしょうか・・・
料金体系というのは、そのスタジオやカメラマンの置かれている立場によってさまざまなので、一様には何とも言い難いのですが、今回カメラマンやスタイリスト、スタジオの標準的な料金を元に色々検証してみましょう。

まず、一番高いのは人件費

カメラマンもスタイリストもスタジオも全て自分で手配する。
自分の気に入ったカメラマン・スタイリスト・スタジオ・・・個別に料金が発生するので、普通に考えたら手間暇もお金もかかります。
普段お仕事で撮影する場合などは、一般的にこの価格です。

『宣材写真をお願いする』というよりは『撮影のお仕事を依頼する』と考えた方が良いかもしれません。

内訳は・・・
・カメラマン20,000~30,000円(1日)
・スタイリスト20,000~30,000円(1日)
・スタジオ20,000~30,000円(4時間)

カメラマンやスタイリストという技能職スタッフはだいたい一日(8時間を目安に)30,000円というのが目安になります。
これは、時間がたとえ2,3時間と短かったとしても、一日は一日・・・と考えた方が良いでしょう・・・

ただし、ホントにそのくらいの時間で終わるのがわかっていて、タイムスケジュール通りに終わったのであれば交渉の余地はありますが、だからと言って半分というのあまりないです。
私の場合でも、8時間を目安に一日30,000円のギャラだとしたら、半分の4時間だからと言って、半分の15,000円では仕事しないので・・・(20,000円はもらいます)

特にカメラマンは、撮影して終わりの場合もあれば、最近ではデータを加工して納品しなければいけない場合もあるので、実際にはもっと時間をかけている場合もあります。

つまりは、これらの料金を踏まえた上で、それぞれと料金交渉を行えば、カメラマンやスタイリストとの関係で、安くしてもらったり、あるいは無料で撮ってもらったりという交渉ができるのではないでしょうか・・・

スタジオ使用料は・・・

宣材写真を撮影する上でスタジオを利用するのであれば、必要不可欠なのが白ホリゾントと呼ばれる空間です。

通常のスタジオでは『スタジオを借りる』ということと『白ホリゾントを借りる』というのは別物扱いでして、なぜか白ホリのスタジオを借りたつもりなのに、『白ホリ使いますか?』なんて言われたりします。
『使います』っていうと、床に貼ってある養成してあるシートをはがしてくれて、なぜか別料金なのです・・・笑

スタジオで撮影するというのはとにかくお金がかかる・・・と言う事・・・

ここまでで、人物撮影をする上で必要なカメラマン・スタイリスト・スタジオの料金を紹介しました。
一回の撮影で、ざっと見積もっても60,000~80,000円かかるというのがわかってもらえるでしょうか・・・
さらに、多くのスタッフやセットを組み立てての大掛かりな撮影となれば、一回の撮影で何十万・何百万とかかることもあるわけです。

宣材写真の撮影に戻して・・・

ここまでは、一般的な撮影のお話でしたが、宣材写真にここまでお金をかけてもいいわけです。
で、元に戻して宣材写真の話ですが、まず宣材写真を撮影する場合は、ほとんどが自社スタジオでの撮影です。わざわざ外のスタジオに借りるということはしないです。
そんなことをしてドタキャンやバックレられたりしたら目も当てられないですからね・・・
で、場合によってはスタイリストが常駐していたり、近所にヘアサロンを併設していたり提携を結んでいる場合もあります。

そんな各企業の涙ぐましい努力の結果・・・

フルメイクまでして宣材写真を撮影する相場は、10,000円前後と言うのが相場でしょうか・・・
あとは、どこにどれだけのサービスや付加価値が付いてくるかだと思います。
が、なぜ10000円前後なのか、これだけ一生懸命解説して正直全然根拠がありません。
結局は、ネットで拾った情報を元に『こんな感じかな・・・』です・・・笑

だから10000円くらいで『たっけぇ~』とか言ってるようじゃ、そもそもこんな活動辞めた方が良いんじゃない?
だって、自分のためにお金をかけられない人たちでしょ?
自分のためにお金をかけるか、手間暇かけるか・・・どちらかですよ?

弊社宣材写真撮影は・・・

ちなみにうちの宣材写真の撮影料金は4,000円(税別)です。
メイクやヘアスタイルのアレンジは自前で行っていただきます。
加工も修正も一切加えず撮影したデータをそのままお渡しします。

宣材写真 明るい画像
宣材写真

まあ、この写真は極端に明るく撮りましたが、決して後から加工・修正を加えた写真ではありません。
単に明るく撮った・・・と言う写真です。

宣材写真 料金ページの画像
宣材写真

こちらは、普段弊社スタジオで撮影をするときのライティングの明るさです。
ちなみにバックは飛ばしています。バック飛ばしは別料金です。なにせうちは元の値段が安いから・・・笑
何か手間暇かけるたびにお値段は上がっていきます。

宣材写真撮影の料金相場001
宣材写真撮影の料金相場
宣材写真撮影の料金相場002
宣材写真撮影の料金相場

全身だとこんな感じです。
足元は、もっとフィルインのライティングを変えてやれば、綺麗に出るでしょう・・・


オーディション用宣材写真撮影はメディアサービススタジオへ
作品撮りなら・・・やっぱりメディアサービス

宣材写真-安い のひ・み・つ

宣材写真 安い001

宣材写真-安い のひ・み・つ

宣材写真-安い
安いのにはそれなりに秘密があります・・・笑
なぜこれほどまでに安いのか・・・その秘密を探ります。

一、空いた時間を有効活用

弊社スタジオでは、常にカメラマンが常駐し、利用者が来店するのを待ってはいません。
平日は、取材同行・外ロケ・他社スタジオなどで撮影を行っていて、常駐はしていません。
そのため、平日は夜19:00以降の完全予約制の撮影となります。
日中の撮影・カメラマンの常駐は、日・祝日のみとなっています。
今後、利用者が増えれば、平日の日中も常駐を考えますが、宣材写真撮影に特化していることを考えると、そうそう毎日撮影があるとも考えずらいです。

宣材写真-安い

一、そもそも、このスタジオは宣材写真撮影のスタジオではなかった

スタジオ運営を始めたきっかけは、通販サイトの小物撮影がきっかけでした。
小ロットの品物などは、単価も低く、撮影に出向いても割に合わないことなどから、撮影する品物を宅配便などで一か所に集めることで、時間と労力とお金のコストを削減することでした。

宣材写真 安い002

一、サービスは必要最小限

■弊社スタジオには、バックペーパーは白しかありません。
■ヘア・メイクは自前です。
■衣装チェンジは無し
■撮影したデータは一切加工・修正無しでお渡し

つまり、撮影以外の時間や手間、人件費を徹底的に省きました。
全てカメラマンである私一人で完結できるようなサービス内容となっています。

宣材写真 安い003

一、都心からちょっと外れている

宣材写真撮影のスタジオと言えば、東京では山手線沿線の渋谷・原宿・新宿・池袋・表参道・・・
あたりが、メッカでしょうか・・・

でも、スタジオの立地条件で写真の出来が決まるわけではないですから・・・笑
それに、都心から外れているとはいえ、都営新宿線で新宿から乗り換えなし、半蔵門線で渋谷から乗り換えなしです。
駅からも地上に上がってダッシュで1分!!
地代が安い分、宣材写真撮影の原資のウェートは低いのです。

宣材写真 安い004

いかがでしょう・・・みなさんの
『なぜ、そんなに安いの!?』
は解決しましたか?

要は宣材写真撮影に必要な『時間・スペース・人』を必要最小限に抑えることができるからこその価格設定なのです。ただただ安いわけじゃないんですよ?

で、このお値段のクォリティはこんな感じ

では、そんな何でもかんでも片手間に撮影をするスタジオの宣材写真とはどんなものか・・・

宣材写真 安い005
宣材写真
宣材写真 安い007
宣材写真 安い009
宣材写真
宣材写真 安い006
宣材写真
宣材写真 安い008
宣材写真 安い010
宣材写真

みなさんが決めてください

私はあえて何も言いません・・・笑
この写真を見て、みなさんがどう思ったか・・・それが全ての答えですから・・・

撮影内容そのもののクォリティもそうですが、弊社では無料撮影体験・撮影時間枚数無制限・再撮OK・納得できなければ代金不要・・・

この価格設定で、尚もこれだけのサービスを提供するのは、撮影のプロフェッショナルだからです。
プロフェッショナルとは、単に『上手い・下手』とか『お金を取って撮影をする』とか、そういうことではなく、『クライアントが納得できるものを・・・』『これにお金を払いたい・売ってくれ・・・』と言われるようなサービスが提供できるかどうか、そしてクライアントが満足いくモノが作れなかったら、クライアントが納得いくような形でさらなるサービス(再撮や代金返金を含む)を提供できるかどうか・・・が本当のプロフェッショナルと考えているからです。

宣材写真を撮影したい人たちにとって、何が本当のサービスなんでしょうかね・・・
宣材写真のお申し込みはメディアサービススタジオへ

作品撮りやスナップ撮影などもしています。良かったら覗いてみてください。

これでは絶対に失敗する!!宣材写真撮影でのスタジオ・カメラマン選び

これでは絶対に失敗する!!宣材写真撮影でのスタジオ・カメラマン選び

これでは絶対に失敗する!!宣材写真撮影でのスタジオ・カメラマン選び 001

これでは絶対に失敗する!!宣材写真撮影でのスタジオ・カメラマン選び
宣材写真を撮影するときに一番最初に考えるのが、『さて、どこのスタジオにしよう・・・』ですよね?
で、宣材写真撮影をするみなさんは、真っ先に何を基準にスタジオ選びをするのか・・・

安い!!

でしょ!?
だって、googleの検索ワードでも一位は『宣材写真 安い』ですもん・・・♪
その次に『地域』です・・・(新宿・渋谷・池袋・・・あたり)

これでは思い通りの宣材写真なんか撮れるわけない・・・

まず、根本的に探し方から間違っているのです。
そもそも、あなたが宣材写真を撮ろうとしたキッカケはなんですか?
オーディション用ですか?プロフィール用ですか? はたまたそれ以外ですか?
まず、それをキーワードにするべきです。

それでもまだまだ、たくさんのスタジオが出てくると思うので、さらに自分が宣材写真に求めているものや、そのためにスタジオやカメラマンに求めているものが、そのスタジオにあるかどうかでスタジオ・カメラマン選びをするべきなのです。

宣材写真を撮る目的を考える

だって、『安いから宣材写真撮りに行こう!!』『家から近いから宣材写真撮りに行こう!!』って普通ならないでしょう!?
宣材写真なんて、他にもっと大事な何かが理由としてあるから『撮りに行こう』ってなるはずなんです。
ところが前述のような理由で安易にスタジオを決めてしまい、『何とかなるだろう・・・』くらいの軽い気持ちでいるから、結局何ともならずに、後悔することになる・・・
で、巡り巡って、うちへくる・・・と・・・笑

みなさん、スタジオを選ぶ時の優先順位がバラバラなんです。

1、宣材写真を撮る目的
2、どういった宣材写真が撮りたいか
3、そのためにスタジオやカメラマンに求めるものとは

ね!?
ここには地域や料金なんて入ってないでしょ!?
でも、みんなは上記のような写真を撮るために真っ先に料金や地域で選んで、それでおしまい・・・
だから、失敗するの!!

ちゃんと宣材写真を撮るということへの目的意識を持ち、そのための手段を講じる。。。
で、そのために必要なスタジオやカメラマンはどこなのか・・・を決めること・・・

料金や地域は一番最後・・・いや、目的のためなら、そこは目をつぶるべきだと思う・・・
だってそのために、本来『なぜ宣材写真を撮るのか』ということへの目的が達成できないのであれば、いくら安くても、いくら近くて便利でも、目的を達成した宣材写真は撮れないのだから・・・結果的に、スタジオを梯子したり、ドンドン離れたスタジオに行く羽目になるんだからさ・・・

よ~く考えてね・・・♪

これでは絶対に失敗する!!宣材写真撮影でのスタジオ・カメラマン選び 002

宣材写真の前にスナップ撮影で腕試し♪
宣材写真撮影はメディアサービスへ

撮影スタジオの選び方

撮影スタジオの選び方

撮影スタジオの選び方
今回は、宣材写真を撮影する上での、スタジオの選び方をご紹介いたします。

まず、みなさんが何を基準にスタジオを選ぶか。

■撮影料金
■スタジオの立地条件
■スタジオやカメラマンの知名度
■口コミ・評判
■サンプル

まあ、だいたい皆さんがスタジオを選ぶ判断基準にしているのはこれらに該当するのではないかと思われます。

撮影料金

まあ、これが8割9割じゃないでしょうか・・・

良く『相場はどれくらい?』なんて話を聞きます・・・
写真撮影がまだフィルムだったころなら、宣材写真の相場はだいたい30,000~50,000円というのがどこのスタジオ行っても相場でした。
昔は分業、つまり多くのスタッフの手を介してできるものだったので、それくらいは当然と思われていましたが、今はカメラマン一人でも可能な時代になったので、例えば弊社のような金額(4,000円税別)で撮影することも可能なわけです。
それに宣材写真なんて撮影をできるスタジオやカメラマンが非常に少なかったというのもあります。

サービス内容

料金で判断する際に気を付けるのが、【サービス内容】です。
どんなに安くても、自分が思った通りの写真が出来上がらないのであれば、それは安物買いの銭失いになってしまいます。

・メイクの有無
・衣装チェンジは可能か?
・撮影セットの選択肢(バックペーパーの色とか・・・)
・撮影時間
・カット数の制限
・もらえるデータ枚数・メディアの種類
・加工・修正の有無

だいたい、こんなところを注意してスタジオを選べばよいのではないでしょうか?
いまどき、宣材写真撮影をするスタジオであればネットで検索したときに、これくらいのことはホームページで案内が出ていると思います。

スタジオの立地条件

これは、渋谷・原宿・表参道・新宿・池袋と言った地域で選ぶ方が多いようです。

都内は特にスタジオと言ったらそうした場所にスタジオが集中しているからというのもあるのでしょうが、スタジオが学校帰りや仕事帰りなど通勤通学の途中にあるとか、電車やバスで乗り換えナシとか、自転車や徒歩でいける便利さなどもネットでの検索キーワードをちょっと変えてみるだけで、意外と自分にとって便利なスタジオが見つかるかもしれませんよ?
例えば、googleマップを使ってスタジオを探すとか・・・♪

スタジオやカメラマンの知名度

一口に知名度と言っても、良くも悪くも知名度なんですがね・・・笑

この場合の注意点は、本当にそのカメラマンが撮影してくれるのか・・・ということでしょうか・・・
実際には、名前だけのスタジオオーナーというのもいて、撮影の時はアルバイトスタッフだったりします・・・笑

あと、ホームページに飾られているスタジオ風景などは見せ方の上手いカメラマンなどの手によってきれいに彩られたりします。
実際に行ってみて『こんななの?』みたいなことは往々にしてあるので、ガッカリしないでください・・・笑

例えば、弊社みたいなスタジオでも

撮影スタジオの選び方

こんな写真が撮れてしまうのですから・・・笑

撮影スタジオの選び方

口コミ・評判

少なくともネット上の口コミ・評判はあてにならないですね・・・

ネット上の情報はいくらでも操作ができてしまうし、googleの検索順位でさえ、お金を出せばSEO業者に依頼して順位を上げたり、サクラを雇って口コミを増やしたりできるのですから・・・
実際調査を依頼して、上位表示のスタジオに対してSEO対策の状態を調べてもらったことがありますが、ほとんどのスタジオがSEO対策業者の手が加わっている・・・という調査結果が出ました。
そしてその手口もすでに明らかになっていて、今年は順位が大きく変動する年ではないかとも言われています。

ある事務所などでは、ああいうスタジオは使ってはいけない。
というお触れまで出ているらしいです。

口コミや評判と言ったものは実際に自分自身が体験してみないとわからないことです。なので、『全然違うじゃん!』みたいなことがあっても自己責任になってしまうのです。
たとえ全員が同じことを書いていたとしても、実は全員がサクラだったりします・・・怖いですよ?本当に・・・

弊社に来店するお客さんに、意識調査をしたところ、大半の人が、『自分がどこのスタジオで宣材写真を撮っているかなんてあんまり教えたくない』と言ってました。
blogのネタに書く人はいますが、場合によってはお金をもらっているかもしれませんし、無料で撮ってもらっているのかもしれません。
弊社の場合、お金を払って撮りに来ているお客さんの中で、弊社で宣材写真撮りました!みたいな人、見たことも聞いたこともないですから・・・

余談ですが、グルメ取材などで色んな飲食店にお邪魔する機会があるのですが、ことあるごとに、『食べログなどの評価を、サクラを使ってあげてやるから金を出せ・・・』みたいな業者から毎日営業の電話がかかってくるんだって話を耳にします。

サンプル

サンプルねエ・・・笑 だって加工できるじゃん・・・笑
肝心なことを忘れてはいけません。そのサンプルに写っているのはあなたではない・・・と言う事です。

撮影スタジオの選び方

以上が『撮影スタジオ選びの判断基準について』ですが、いかがでしたか?
今回も参考になりましたか?
実は、これだけ一生懸命書いて、読んでもらいましたが、宣材写真の出来には全く関係ありません!!((´∀`))ケラケラ

だって、『撮影料金』があなたの宣材写真の出来を決めないですもん・・・
『スタジオの立地条件』があなたの宣材写真の出来を決めないですもん・・・
『スタジオやカメラマンの知名度』があなたの宣材写真の出来を決めないですもん・・・
『口コミ・評判』があなたの宣材写真の出来を決めないですもん・・・
『サンプル』と同じようにあなたが撮れるとは限らないですもん・・・

つまり、こんなものを判断基準にして宣材写真を撮っているあなたたちは、
『安いからこのスタジオ』
『近くて便利だからこのスタジオ』
『スタジオやカメラマンが有名だからこのスタジオ』
『評判が良いからこのスタジオ』
『サンプルが気に入ったからこのスタジオ』
なわけです・・・

でも本当にそうですか?
宣材写真を撮るスタジオってそんなことで選んでいいんですか?
『気に入らないけど安いから・・・』
『気に入らないけど近くて便利だから・・・』
『気に入らないけど有名なスタジオやカメラマンだから・・・』
『気に入らないけど評判がいいから・・・』
『ぶーな写真だけど、カメラマンはサンプル通りに撮ったと言ってるから・・・』

つまり、宣材写真を撮る上でのスタジオ選びの判断基準がそもそも、そこじゃない・・・ということなんです。
もちろん、それでもいいんです。
『とにかく安けりゃ出来は、2の次3の次で良いの・・・』
『とにかく近くて便利なら、出来は2の次3の次で良いの・・・』
『とにかく有名なスタジオやカメラマンで撮りたかった・・・』
『とにかく評判・口コミが第一・・・みんなの話を信じるわ・・・』
とにかくサンプル写真に惚れたわ・・・』
それでもいいんです・・・良いんですが・・・

じゃあ、みなさんはどうですか?
そうじゃない人もいますよね・・・
では、それはいったいなんだ?ということなんですが・・・
続きはスタジオで・・・笑
まあ、言ったところで他所じゃマネできないだろうしね・・・
ただ、SEO対策業者が上手いライター使ってうちの文章を使ってリライトしてるのが気に入らねえから、教えてやらねえ・・・笑

撮影スタジオの選び方

スタジオ選びで重要なもの。。。じゃあそれはいったいなんだ・・・という方はぜひメディアサービス

他のスタジオを探す