綺麗な立ち姿勢

綺麗な立ち姿勢

綺麗な立ち姿勢 と言うのが、み~んな実は意外と出来ないんです。
モデルの女の子に、『 手を前にまっすぐ綺麗に立って 』と伝えたところ、こんな感じで立ってくれました。

まず、写真を見る限りでは、まっすぐ立てていないというのが一目瞭然だと思います。
心なしか、ふてぶてしさすら感じられる表情です・・・笑(*あくまで個人の感想です)

おそらく彼女は普段から、もし仮に『まっすぐ立って・・・』って言われたら、こういう風に立っているのでしょう・・・
彼女スタイルは決して悪くはないので、写真で綺麗な立ち姿勢を見せることができれば今後色々と有利なのではないかと思います。

綺麗な立ち姿勢を作るために、まず初めにすること

撮影中に出来ることは限られています。
なので、撮影中にマスターすることが目的ではなく撮影中に教えられたことを覚える・・・と言う事が大事です。
そして、それを日々の生活の中で訓練していくのです。
『立ち姿勢』なんて、考えてみたら、日々の生活の中でどれくらいしていますか?
駅のホームで電車を待つ時間、エレベーターを待つ時間等々、普段何気ない生活の中で立ち姿勢でいる時間と言うのは意外とあるものです。
その時間を使って訓練をすればいいだけなので、わざわざ時間を作ったりする必要はありません。
これでもう『時間がない』なんて言わせません・・・笑

まずは自分で考えさせる

先ほどの写真を見て自分でどこが悪いのか、そしてそれはどうすれば改善出来るのかをまずは自分で考えさせること。
人って、簡単にできちゃうことって簡単に忘れちゃうんです。
だから苦労しないで出来たことって、すぐにできるもんだと勘違いしちゃうんです。

『今日ここでこれだけの写真が撮れたのは、100%私のアドバイスのおかげであって、あなた自身の力ではありませんよ?だから、もうこれで他所に行っても同じように撮れると勘違いしてはいけませんよ?』ってことなんです。

では、どこへ行っても、その写真と同じようにできるようになるためにはどうすれば良いか?
先ほど述べたように、日々の生活の中で訓練を続けていくしかないのです。
最初は意識をすることでしか出来ませんし、意識をし続けるというのはとても難しいことです。
でも、それを続けていくことで、いつしかそれは”慣れ”に代わり、癖や習慣となり、いづれ無意識にやるようになっています。
そしてその無意識に出てしまうようになることで、それは『自分らしさ』へと変わるのです。

綺麗な立ち姿勢

1枚目の写真から数えて50枚目にあたる写真です。
ここまで私はまだ何もアドバイスをしていませんが、いかがでしょう・・・
多分、他のスタジオで撮った写真ならこれで満足して帰ってしまうと思います。

綺麗な立ち姿勢

さらに撮影を続けて、このとき一言だけ、アドバイスをしてみました。

綺麗な立ち姿勢

最終的には角度を付けず真正面からの撮影もしました。

いかがですか・・・
ちゃんと自分で考えれば、意外と良い線までいけるのがわかりますか?
2-4番目の写真は見る人の主観で、どれが良いかは一概に答えが出ないと思うんですよ・・・
少しでも自分で考えた方が自信にもなると思うんです・・・

カメラマンのアドバイスと言うのはスパイスである

スパイスが効きすぎてしまっては、素材そのものの良さを殺してしまうことになります。
できうる限りギリギリまで自分で考え行動してください。
そうして出来上がった作品には、良くも悪くも自分らしさがあるはずです・・・

綺麗な立ち姿勢

今回掲載した写真も数枚・数十枚撮った中から選んでるわけではありませんよ?
一日がかりで600枚撮ったうちの厳選した数枚ですからね・・・

写メ送って!!

TV関係のお仕事をもらっている人の中には、かなりの確率で一度くらいは番組のキャスティング担当者からそういわれた事があるのではないのでしょうか・・・

『メイクなんかしなくていいから、スッピンで真正面からちゃんと顔が見えるやつ・・・今撮って送って・・・』

まあ、ぶっちゃけた話をすると、あまり綺麗に撮り過ぎると疑われちゃうんです・・・笑
だから、本来宣材写真なんてあるがままでいいはずなんですよ・・・

『綺麗・かわいい・格好良く・・・』なんてスタジオの宣伝文句ですよ・・・笑
だって、奇跡の一枚で合格できなかったらショックでしょ!?
最高の一枚で合格できなかったらどうします!?

見る側にしてみれば、写真が綺麗かどうかじゃなくて、そこに写っている本人が綺麗かどうか・・・なんですよ・・・♪
見る側にしてみれば、写真が可愛いかどうかじゃなくて、そこに写っている本人が可愛いかどうか・・・なんですよ・・・♪
見る側にしてみれば、写真が格好良いかどうかじゃなくて、そこに写っている本人が格好良いかどうか・・・なんですよ・・・♪

見られているのは写真じゃなくて、そこに写っている人なんです・・・

宣材写真
宣材写真

うちの撮影の一番の売りは・・・

料金の安さ

ではありません・・・

写真のクォリティ

でもありません。
それは・・・

撮影することの楽しさ・面白さを体験することができる。

という事です。
一見、宣材写真撮影の趣旨とはかけ離れているようにも思えるだろうけど、そもそも・・・

・料金の安いスタジオ
・近くて便利なスタジオ
・クォリティの高い綺麗な写真
・サンプルが多くオーディション合格者を多数輩出しているスタジオ
・有名で立派な門構えのスタジオ
・ヘアメイクがつくスタジオ

これらがみんなの宣材写真を撮る上で、どれほど重要ですか?
ってことです・・・笑
なので、うちに撮影に来たときはぜひ、撮影することの面白さ・楽しさを体験してもらいたい・・・
ただ、言われた通りにやらされて、口角上げてるだけじゃ、笑顔の写真は撮れないよ!?

宣材写真
宣材写真

宣材写真
宣材写真

宣材写真
宣材写真

こういう写真を何十枚・何百枚撮って初めて自分が納得できる写真が出来たりするもんなんだからさ・・・

宣材写真
宣材写真

スタジオへ来店する際の注意♪

連日の猛暑でボ~っとしているだけでも暑いです。

スタジオへお越しになる際は、初めてという事もあって駅から慌てる人が多いです。
スタジオに入る時間が押してしまい、汗だくのまま撮影に入ろうとする人もいますが、慌てて気ばかり焦って撮影しても結果は見えています。

慌てずのんびり来店してください。
そうしないと、その”焦った気”がそのまま写真に現れます・・・

カメラは全てを見ています。
写真は全てを写し出すのです・・・

宣材写真

小さなお子さんを撮影に来る保護者の方へ

小さなお子さんを撮影に来る保護者の方へ

先日こんなことがありました。
まだ、小学校に入るか入らないかのお子さんの撮影を依頼されたのですが、お母さんがやたら『顎を引きなさい』『笑って・・・』と話しかけるのです・・・

これ・・・うちのスタジオでは、絶対NGです。

また、『自由に動いて良いしダンスをやってるなら踊ってもいいよ?』と言うことに対し、『髪型が崩れるから・・・』とあまり動かないように・・・とのことでした。

この時点で、『ああ、この人、うちのスタジオブログ読んでないな・・・』と思ったので、あとはもう保護者の言う通り撮影して終わりにしました・・・
無理やりやらされてる感満載のなんとも悲壮感漂う写真なんですが、そんな中にも何枚か使えそうな写真があり、保護者も満足していたのですが・・・

まず、撮影中にお子さんに声をかけるのは、すごく良いことです。
撮影に意識が集中せず、気がまぎれるからです。
そのための声掛けは大いに結構・・・
ですが、撮影のために『〇〇しなさい』『ああして、こうして・・・』は絶対NGです。
かえって子供を緊張させ動きにくくさせるだけです。

話しかけるのであれば、撮影とは関係ない話・・・例えば、学校であった楽しかったこと・面白かったこと等・・・お子さんが楽しくて、面白くて、思わず自分から色々話をしたくなるようなことを上手に聞いてあげる・・・
話をしてあげましょう・・・
撮影中、話をしていてもかまわないのです。カメラを見ていなくても良いのです。
それが本当に最高の出来であれば、それこそが宣材写真なのです。

宣材写真

最近はブログで色々書くとすぐに反応があり、申し込みが増え、ありがたいことではあるのですが、その反面、『近いから』『安いから』だけで来店される利用者も増えています。

お金を出すのはお客さんなんですから構わないのですが、スタジオブログをよく読んで、納得してからお申込をされた方が良いと思いますよ?

脚を美しく見せるために・・・

脚を美しく見せるために・・・

ヒールのある靴を履く・・・は都市伝説・・・♪

脚を美しく見せるために-宣材写真

本当に脚が綺麗な人は、便所のスリッパ履かせても綺麗なものは綺麗ですから・・・笑

それに普段履き慣れないモノを履いて撮影に臨むので、へっぴり腰で見てられないです・・・
立ち姿勢すらまともに維持出来ない人がほとんどで、フラフラしています。
身の丈に合ったものを選び、危険なのでやめましょう・・・

宣材写真と言うのは、決して背伸びをした自分を見せるものではありません。
あるがままの自分を魅せることで、そこを『使ってくれる人はいませんか?』とお披露目をするためのものです。

オーディションなどを受けるにあたって、多くの人が勘違いしているのですが、オーディションと言うのは、それを受ける人たちのためのものではありません。
オーディションを主催する側が、必要とする人材を探す場所であるという事です。

隠したり、ごまかしたりしなければ、選考に残れないようであれば、はなっから勝算はないので無駄なことは辞めておいた方が、時間とお金と労力を無駄に使わずに済むと思います。
そんな小手先のテクニックでごまかせる相手ではありませんから・・・本来・・・

前置きが長くなりましたが・・・

それでも、ヒールのある靴を履いて撮影に臨みたい方へ・・・

まず、無理をせず、あまりヒールの高くないものを選びましょう。
普段それで歩いていても普通に歩けるものを・・・

で、ミュールやサンダルよりも脚をしっかりホールドしたパンプスタイプを選びましょう。
その方が、立ったり歩いたりするときに安定感があります。

ストーム高(つま先部分)は無し、あっても1cmくらいまでに・・・
あった方がクッションになって立っているとき疲れにくいというのがあるのですが、あまり高すぎると全身写真の時に必要以上に身長が高く見えてしまうので・・・

脚を美しく見せるために-宣材写真

いかがでしょう・・・
宣材写真撮影に臨むにあたっての履物への注意点です。
ただバカの一つ覚えみたいに『脚を綺麗に見せるためにハイヒールを履け・・・』なんて言ってるところより、よっぽど説得力があったのではないでしょうか・・・

もちろん、最後はみなさん自身の判断です・・・

あなたの魅力引き出します?

出来ない出来ない・・・
俺には出来ないねぇ・・・笑

だって、初対面のあなたの魅力が何なのか知らないもん・・・♪

それに、あなたの魅力ってヘアメイクで引き出せるものなんですか?
それって、カメラマンの腕で引き出せるものなんですか?
もしそうであるならば、それは『あなたの魅力』ではなく、ヘアメイクで引き出された魅力・カメラマンに引き出された魅力・・・であって、あなた自身の魅力でも何でもないですよね?

それに魅力なんてものは、人それぞれ持っているものが違うわけですから、ヘアメイクやカメラマンの腕ではどうしようもないものもあるんですよ・・・

自分の魅力が何なのか・・・は他人が決めることではなく、自分が決めることなんです。

宣材写真

4/25(水)は日中の宣材写真撮影可能です♪

2018/4/25(水)は12:00~15:00(開始時間)の間で宣材写真撮影可能です。
急遽予定が空いたので、お時間ある方はよろしくお願いします。

平日の日中と言うのは、普段他所のスタジオへ撮影に出向く機会が多いため、なかなか難しいのですが、ちょうど時間が空いたので宣材写真でも撮ろうかと・・・♪

お申し込みは宣材写真撮影申込ページからか、お電話でお願いします。
当日の場合は、お電話の方が良いと思います。
℡03-6659-5139

宣材写真

 

宣材写真撮影基本パッケージ料金4,000円(税別)
◆バックペーパーは白のみ
◆ヘアーメイク等は自前
◆衣装は自前1着のみ、2着目以降は1着ごとに1,000円(税別)プラス
◆データは加工・修正なしで撮影後すべてCDにて手渡し

撮影前の注意事項
スタジオへお越しになる前にメイクは済ませておき、手直し程度ですぐに撮影に入れるようにしておいていただくと、スムーズに撮影ができ、より良く多くの撮影がこなせます。決して、メイクや着替えが全然出来ないということではありません。

*外履き厳禁です。外履きでの撮影は別途4,320円いただきます。(ペーパーが一回でダメになるので・・・)

宣材写真を撮るにあたって必要なのは・・・

自分力です・・・

宣材写真を撮るにあたって、『必要なのはカメラマンの腕です』
って他のサイトで見るんですが・・・
宣材写真を撮ってる私が言うのも何なんですが、カメラマンの腕なんて大して求められてません・・・笑

誰が撮っても良いものが撮れるものは撮れるし、撮れないものは撮れないんです。

宣材写真

だって、現に私が撮った宣材写真でたくさんの人たちがオーディションに合格したり、そうかと思えば、スマホで撮った写真で合格する人もいたりするわけですから・・・笑

これからは、宣材写真はスタジオでお金を払って撮る時代じゃないのかもしれませんね・・・
ホントにスマホのクォリティー高いです・・・笑

宣材写真

なので、宣材写真を撮るのであれば、まず『どこのスタジオで撮ろう』ではなく、まず自分がどうしなきゃいけないのか・・・
を考えないといけないのですよ・・・

そうすればきっと、『どこのスタジオで撮影すればいいのか』が見えてくると思います。
み~んな、そういう面倒くさいことをすっ飛ばしていきなりスタジオ選びをしようとするから失敗するんだよ・・・

ポートフォリオ

お判りかな・・・♪

弊社が考える宣材写真とは・・・

全てが宣材写真になりうる・・・
ということ。
一般的に宣材写真とはWikipediaで言われているような、


宣材写真(せんざいしゃしん)は宣伝材料用写真(せんでんざいりょうようしゃしん)の略称である。
所属する芸能人等を売り出すために芸能事務所がクライアント向けに撮影する写真で、通常同じ服装でさまざまなポーズを撮影したものが複数カット用意される。芸能事務所がクライアントより仕事の依頼を受ける際や、芸能事務所自身による芸能人を売り出すための営業活動に使われる。

芸能事務所による売り出しの方向性が反映される点で、オーディションの際に参加者が履歴書とともに芸能事務所に提出する写真とは異なる。


とされているようですが、
宣材写真とはそもそも、宣伝材料の写真であるため、例えば広告に使われる写真や物撮りなども宣材写真であるということが言えるのです。

つまり、Wikipediaでは、宣材写真とオーディション写真は異なるものと説明していますが、オーディション写真も人の目に触れて知ってもらう事が目的の写真ということであれば、宣材写真であることは間違いなく、


異なるものではなく、宣材写真にも色々な種類がある中の一つである


ということが言えるのです。

これが、弊社の宣材写真とオーディション写真における考え方です。
他のスタジオでは、宣材写真とオーディション写真の違いを力説しているところがたくさんあるんですが、やっぱりWikipediaの影響なんでしょうか・・・

とは言え、宣材写真をどう捉えるかは人それぞれなので構いません。
みなさんが、宣材写真を撮るにあたって重要なのは、

一、何を
一、どう撮りたいのか(魅せたいのか)
一、それをどう使いたいか
一、そのために自分は何をどうすれば良いか

が問題なのです。
『綺麗に撮ってほしい』とか『かわいく撮ってほしい』とか、論点はそんなところじゃないんです。
綺麗とか可愛いなんてのは、皆さん自身がそうなってくれればいいだけの話で、カメラマンやスタジオに相談することではないです・・・笑

 

宣材写真
宣材写真