スタジオに宣材写真を撮りに来るお客によく言われること

■全然違う!
■今までこんな風に撮影したことなかった
■モデルとかグラビアアイドルってすごい!
■すごく勉強になる
■明日筋肉痛~!笑
■これで4320円って安い!

宣材写真

Iライン一つとっても、ただ姿形を真似ているだけでは美しいIラインを見せることは難しいのです。
もちろん本人の身体的特徴と言うのも幸いしますが、それを感じさせない美しさを演出することは可能なのです。

宣材写真
彼女も何も言わずに立たせたらこんなもんです・・・笑

私良く『好きにして良いよ』って言いますが、それは私が何もしないのではなく、まず被写体はどんな姿形をしていて、どんなことができるのか・・・そこを見極めた上で、何をさせて、どうアドバイスするべきかを判断するためのものなのです・・・
もちろん好きにしてもらって問題なければ、そのまま行くケースもありますが・・・

上述されているような言葉と言うのは、いうなればこちらが行ったことへの評価です。
みなさんは、写真の出来もそうですが、なぜそういう写真になるのかの理屈をちゃんと学んで撮影が終了するので、最後にこういう言葉を残していくんではないでしょうか・・・

宣材写真

綺麗なポーズやポージングで写真を撮りたければメディアサービススタジオへ

宣材写真 – ヘアスタイル・髪型

宣材写真 – ヘアスタイル・髪型

宣材写真 – ヘアスタイル・髪型
これまでヘアスタイル・髪型についてはほとんど(と言うか全く)触れたことがありませんでした。
理由はいつもの通り、『好きにすればいいじゃん』だからなのですが、宣材写真撮影・・・とりわけオーディション用に撮影する際の注意点を書いておこうと思います。
プロフィールとかその他の用途や趣旨で撮影する分にはあまり気にしないで良いと思います。

顔はシッカリ見せること・・・

宣材写真 - ヘアスタイル・髪型 001
宣材写真
宣材写真 - ヘアスタイル・髪型 003
宣材写真
宣材写真 - ヘアスタイル・髪型 002
宣材写真
宣材写真 - ヘアスタイル・髪型 004
宣材写真

以前書いたことがあるんですが、

額・目元・フェイスラインはシッカリ出すこと・・・

たまに、髪の毛で顔を隠して目と鼻と口しかわからない写真とかを見せられることがあるんですが、これじゃ誰が写ってるんだかわかりません。別に他人の写真でもいいじゃん・・・と言う事です。
いつも言う事なんですが、宣材写真でアピールしたいのは何ですか?と言う事なんです。
ちゃんと自分の顔をアピールしましょう・・・

目元に髪の毛がかかってしまい目が隠れがちですが、それもできることなら、こめかみまでシッカリ見せた方が良いと言う事と、上の写真はショートなので気になりませんが、耳の下から顎までは見せた方が良いのは言うまでもありません。
セミロング以上になると首に髪の毛がまとわりつくようにスタイリングする人いますが、それでは胴体に直接顔が乗っているようで格好悪いです・・・笑
首はシッカリ見せましょう・・・

ヘアスタイル・髪型については以上となります。
『では、いったいどうすれば良いのか・・・』について具体的なことに関しては、弊社に足を運んでいただいたお客さんにだけお教えいたします・・・(当たり前だろ?)

作品撮りをするならメディアサービス